製作実例@着物からクッションをリメイク/リフォーム

JUGEMテーマ:着物リメイク/古布リフォーム/裂き織り
昨日は日曜日という事もあり久しぶりにプールに行きました。
そもそも室内プールではあるのですが全く寒くない、冷たくない。
近年の春って短いよな…なんて思って帰っていたら、
帰りの道中、江津湖というそのプール(体育館)のそばの湖で
小学校高学年の子が10人ぐらい上半身裸で水遊びをしていました。
それはもう夏の光景…
家で食べた筍の天ぷらで…「いやいや春だよ。」と思いなおしたりして(笑)
さて、今日ブログでご紹介するのは着物からリメイクしたクッションです。
クッションや座布団は帯からのリメイク/リフォームが多かったりするのですが、
着物から製作する場合は絣などは相性が良いな…と思います。
7.png
着物からクッションや座布団をリメイクする場合は反物の幅が30センチという事を
しっかり把握して製作すると良いものになります。
すなわち30センチ角までのクッション/座布団ならば継ぐ必要なく製作できるのです。
8.jpg
画像のクッションは40センチ角です。
柄やデザインにもよりますが絣や小物は継いでも遠目には判りにくいです。
画像のクッションも10センチ継いでいますよ。
さて、着物のリメイク/リフォームのご相談は随時無料で受付中です。
お問い合わせは096-285-6621までお気軽にどうぞ。
(メールは24時間受付中: info@ct6.jp
【お知らせ】
いきいき4月号
(2012年)4月号では
着物リメイクのお店カナタツ商店の監修で
皆様のタンスに眠る髪飾りリフォームペンダントのレシピが記載されています。
(141ページ~「和の髪飾り」で作る簡単ペンダント)
着物リフォームを世に広めた功労者のような雑誌です、興味のある方は是非ご一読ください。
2012年4月23日
着物リメイクのお店カナタツ商店


何かお探しでしょうか