製作実例@お母様の形見の着物からリフォーム!「日傘」「ポーチ」「巾着」編

JUGEMテーマ:着物リメイク/古布リフォーム/裂き織り
『到着しました!!
ステキです、想像してた以上にステキです!』

納品後お客様に上記の書き出しで始まるメールを頂いた
お母様のお着物からリメイク商品を今日はブログでご紹介したいと思います。
blog_7.jpg
上の写真は残布で製作させて頂いたポーチ。
梅の柄を活かすようにリメイクさせて頂きました。
『柄をうまいこと配置していただき、和柄なのに洋も感じられる、
本当に素敵に仕上げていただけました。』
お客様にこう評して頂いた日傘はコチラです。
blog_6.jpg
多少シミが目立ってきていた着物でしたが日傘へのリメイクにおいて上手く柄を配置できたのは
お客様から当店に製作の許容度を大きく与えて頂いたからです。
わかり易く言うと「多少のシミは構わないから柄を活かす事を重要視して製作して良い」
という具合に一番この着物を活かす事が出来るように私達に任せて頂いた。コレが大きかったです。
着物リメイクは一枚一枚異なる着物の状態に応じて製作をしますので
作る前にデザインや柄の配置やサイズを絞り込むと無理が生じたりします。
とくにこだわりが無いならある程度任せて頂いた方が良い商品が出来ると思います。
「紋切り型に作るのではなく、相手(着物)に合わせて作る。」
着物リメイクにおいて重要なのはコレです。経験を要する部分ですが…(笑)
納品後お客様にすぐに追加の巾着のご依頼を頂きました。
blog_8.jpg
すぐに追加の商品をご注文いただけるのは嬉しいですね。
更にリピートのご相談もいただいております。
製作者冥利に尽きます。有難い限りです。
タンスの中に着る事のない形見の着物は眠っていませんか?
着物リメイクのお問い合わせは096-285-6621までお気軽にどうぞ。
(メールは24時間受付中: info@ct6.jp
2012年5月10日
着物リメイクのお店カナタツ商店

<カナタツ商店の着物リメイクへの考え方>



何かお探しでしょうか