着物リメイクブログ@着物から洋服へのリメイクのカナタツ商店の作り方「ロングベスト」「作務衣」編

JUGEMテーマ:着物リメイク/古布リフォーム/裂き織り
毎朝江津湖という近所の湖のほとりをウォーキング(散歩??)しています。
私は何かを敏感に感じ取るタイプの人間ではありませんが、
少しずつ冷たくなる朝の空気や柔らかさを増す朝の光などに秋の深まりを感じます。
同じような毎日の中、季節はゆっくり過ぎているんですね。
さて今日は当店リピーターのお客様に納品させて頂いた
3種類の着物リメイクをご紹介させて頂きます。
blog_3.jpg
上の画像は道行コートをリメイクさせて頂いたロングベストです。
お客様のご要望を伺ったのち数種類のデザインのご提案をさせて頂いて
上記ロングベストに決定しました。
着物買い取りでは値段が付かない着物の代表格のような道行コートですが
着物リメイクで見事に生まれ変わりましたね。
おまけですが…
上のロングベストは某有名人の方向けに製作した着物リメイクがベースになっています。
その有名人は…
着物リメイクロングベストの発注者の答え

上記のロングベストはご自身用で旦那様には作務衣をご注文頂きました。
blog_1.jpg
非常にお問い合わせの多い着物リメイクの作務衣。
着物リメイクの作務衣に関しては過去に詳細に当店のブログに綴っていますのでご参考に。
着物リメイク・着物リフォームの人気no.1 作務衣

作務衣への着物リメイクはイメージ以上に手間がかかりますよ。というお話です。
この流れで着物からの日傘リメイクを紹介するかどうか迷ったのですが、
当ブログでは「1日3画像まで同じお客様からのご相談/着物リメイク実例を載せる」
という縛りを自分で勝手に決めているので羽織からリメイクした日傘もご紹介したいと思います。
blog_2.jpg
日傘はここ数日ブログで散々綴っていますが、
本当にリメイクするべき着物生地を選びます。
着物リメイクの作り方 生地の見極めが重要

大事なお着物をリメイクするのですから、
この着物生地の見極めや検証という工程はぜひとも重要視して下さい。
着物リメイクと言うと作る事(縫製する事)のみに意識が行きがちですが、
私は着物生地の見極めの経験は縫製技術と同じくらい重要なスキルだと思います。
当店では「私の着物でも出来ますか?」というお問合せが多いですが、
着物の状態さることながらそれぞれに柄の入り方などが大きく異なりますので、
現物を拝見した方が正確なお答えが出来ます。
リメイクをお考えの着物があれば「無料」で当店で回収させて頂きますのでお気軽にご相談ください。
さて、古い着物は生地自体の劣化を感じることが多いです。
前述の通り古い着物からのリメイクは縫製の技術もさることながら
生地をきちんと検証することが必要です。
私達カナタツ商店の強みは古い着物や帯に対する知識・経験です。
ご相談は今すぐ⇒096-285-6621まで
2012年10月6日
着物リメイクのお店カナタツ商店
「その着物、リメイク前にきちんと生地を検証しましたか??」
多少の縫製の技術があれば専門店以外でも形にすることは出来るかもしれませんが、
長くご使用されるためには着物や帯の生地の検証が非常に重要です。
(タンスの中にしまいっぱなしの着物や
骨董市などで販売されている古い着物や帯には生地が弱くなっているものがあります)
長く使える着物リメイク商品を製作するためには必ずプロのアドバイスが必要です!
私達は古い着物/帯からのリメイクを専門に仕事をしています。
タンスの中に着物や帯が眠っている方はお気軽に今すぐご相談ください!

メールでのお問い合わせご注文はこちら
<44秒で分かる!!カナタツ商店の着物リメイクへの考え方♪>

何かお探しでしょうか