着物リメイクブログ@着物リメイクの作り方…「ショルダーバッグ」編

JUGEMテーマ:着物リメイク/古布リフォーム/裂き織り
自分の気が付かなかった口癖を他人がやたらに使う事で気が付くことがあります。
私の口癖は
「あっ、いっけねー」
うっかりしていた時にとにかく言っているようです。
昨日は休日でしたのでこどもとサッカーをして遊んでいたら、
こどもがミスキックするたびに「あっ、いっけねー」…orz
私がミスキックすると「あっ、いっけねー」…(笑)
自分じゃ全く気が付かないのですが…
皆さんも気が付いていないだけで結構口癖ありますよ~
さて今日は着物リメイクのショルダーバッグにかんしてご紹介したいと思います。
blog_12.jpg
上の画像のショルダーバッグは当店の自前の商品(催事用)などでは製作していますが
お客様に納品させて頂くのは初めての商品でした。
薄マチのショルダーバッグでかなりオシャレな仕上がりになります。
下の画像は新定番のようになってきている最近人気のショルダーバッグです。
blog_10.jpg
着物リメイクでショルダーバッグの作り方のポイントは
「擦れ」を意識するという事です。
特に肩紐と縁にあたる部分の生地選びは重要です。
生地の検証を十分にせずにリメイクをすると擦れて
折角着物リメイクした商品も長く使えないという事になります。
着物リメイクと言うと作る事(縫製する事)のみに意識が行きがちですが、
私は着物生地の見極めの経験は縫製技術と同じくらい重要なスキルだと思います。
当店では「私の着物でも出来ますか?」というお問合せが多いですが、
着物の状態さることながらそれぞれに柄の入り方などが大きく異なりますので、
現物を拝見した方が正確なお答えが出来ます。
リメイクをお考えの着物があれば「無料」で当店で回収させて頂きますのでお気軽にご相談ください。
今すぐカナタツ商店にリメイク用の着物を見てもらう
古い着物は生地自体の劣化を感じることが多いです。
前述の通り古い着物からのリメイクは縫製の技術もさることながら
生地をきちんと検証することが必要です。
私達カナタツ商店の強みは古い着物や帯に対する知識・経験です。
ご相談は今すぐ⇒096-285-6621まで
2012年10月15日
着物リメイクのお店カナタツ商店
「その着物、リメイク前にきちんと生地を検証しましたか??」
多少の縫製の技術があれば専門店以外でも形にすることは出来るかもしれませんが、
長くご使用されるためには着物や帯の生地の検証が非常に重要です。
(タンスの中にしまいっぱなしの着物や
骨董市などで販売されている古い着物や帯には生地が弱くなっているものがあります)
長く使える着物リメイク商品を製作するためには必ずプロのアドバイスが必要です!
私達は古い着物/帯からのリメイクを専門に仕事をしています。
タンスの中に着物や帯が眠っている方はお気軽に今すぐご相談ください!

メールでのお問い合わせご注文はこちら
<44秒で分かる!!カナタツ商店の着物リメイクへの考え方♪>

何かお探しでしょうか