着物リメイクブログ@着物リメイクの作り方…想い出の着物ならばハギレから小物を

JUGEMテーマ:着物リメイク/古布リフォーム/裂き織り
結婚式の招待を受けたので
12月に私達が着物リメイクを修行した湯布院に2年ぶりで行くことになりました。
12月で湯布院を出てちょうど2年。時間の流れは早いです。
変わった事、変わらない事、
いろいろあると思うけど久しぶりに行く湯布院は楽しみです。
さて今日はハギレを利用した着物リメイクのアイデアや作り方をご紹介しましす。
blog_11.jpg
当店で人気のある着物ハギレからのリメイク商品は小銭入れです。
この商品は規格品のファスナーのサイズに合わせて
製作させて頂ければ縦の長さは応相談で
かなり安価に製作できる商品です。
この手のアイテムを製作する際は
着物リメイクの作り方のアドバイスとしてはサイズありきで製作するのではなく
残布サイズに合わせて製作すると上手くいきますよ。
blog_7.jpg 
残布分量がある程度まとまっているならば
上記のポーチや巾着などもリメイクおススメです。
がま口なども良いですね。
もしご相談頂ければ着物リメイク専門店としてのアドバイスをいたします。
私達は
「着物リメイク専門店」
として仕事をしています。
「着物リメイク専門店」
とはどういう事かと申し上げると、
リメイクする着物や帯の見極め、状態の把握を大変得意にしているという事です。
タンスの中の着物や帯は見た目が綺麗でも予想以上に劣化していることがあります。
普通の縫製職人さんがこの部分の見極めが出来ますか?
劣化している着物や帯でリメイクしても決して長く使用できません。
傷んでる着物や帯はそれに応じたリメイクが必要なのです。
カナタツ商店は古い着物の扱いを得意にしていますので
是非一度リメイクをお考えの着物や帯についてお話を聞かせてください。
相談は無料です。担当の小玉が電話の向こうでお待ちしています。
着物・帯無料リメイク相談実施中(月~土/8時30分から18時)
電話番号:096-285-6621

現物を見せて頂けるならば無料で集荷もしております。
是非このシステムもご利用ください。
カナタツ商店に無料で着物を送って状態を見てもらう

2012年10月16日
着物リメイクのお店カナタツ商店
「その着物、リメイク前にきちんと生地を検証しましたか??」
多少の縫製の技術があれば専門店以外でも形にすることは出来るかもしれませんが、
長くご使用されるためには着物や帯の生地の検証が非常に重要です。
(タンスの中にしまいっぱなしの着物や
骨董市などで販売されている古い着物や帯には生地が弱くなっているものがあります)
長く使える着物リメイク商品を製作するためには必ずプロのアドバイスが必要です!
私達は古い着物/帯からのリメイクを専門に仕事をしています。
タンスの中に着物や帯が眠っている方はお気軽に今すぐご相談ください!

メールでのお問い合わせご注文はこちら
<44秒で分かる!!カナタツ商店の着物リメイクへの考え方♪>

何かお探しでしょうか