着物リメイクブログ@「金封入れ」?「袱紗(ふくさ)}?着物リメイクで作ってみる。

JUGEMテーマ:着物リメイク/古布リフォーム/裂き織り
昨日はサッカー日本代表「日本VSブラジル」の親善試合。
サッカーは大物喰いの多いスポーツなだけに
先日のフランス戦の再現を期待しましたが現実は甘くなかったですね。
このところ調子のよかった日本代表ですが今後の為にこの大敗は良かったように思います。
一皮剥けてもっと強い日本代表になって欲しいですね。
さて、今日はブログでお客様に着物リメイクの金封入れに関してご紹介したいと思います。
この金封入れお客様によっては「袱紗(ふくさ)」と表現されたり、
お客様と私達の共通言語としてどう表現するべきかは悩んでいる商品です(笑)
専門のサイトを覗くと
「袱紗」 掛ふくさ
「帛紗」 袷ふくさ・手ふくさ・金封ふくさ
と書かれています。
漢字でも意味が異なるんですね…orz
担当:小玉は「金封入れ」としてご紹介している着物リメイク商品はコチラです。
blog_13.jpg
着物リメイクから作られるイメージをお持ちの方が多いのか
金封入れのご相談は非常に多いです。
この商品の応用で「念珠入れ」とか「名刺入れ」とかの着物リメイクもOKです。
ご希望の方はお気軽にご相談ください。
 さて、カナタツ商店は古い着物の扱いを得意にしていますので
是非一度リメイクをお考えの着物や帯についてお話を聞かせてください。
相談は無料です。担当の小玉が電話の向こうでお待ちしています。
着物・帯無料リメイク相談実施中(月~土/8時30分から18時)
電話番号:096-285-6621

現物を見せて頂けるならば無料で集荷もしております。
是非このシステムもご利用ください。
カナタツ商店に無料で着物を送って状態を見てもらう

2012年10月17日
着物リメイクのお店カナタツ商店

「その着物、リメイク前にきちんと生地を検証しましたか??」
多少の縫製の技術があれば専門店以外でも形にすることは出来るかもしれませんが、
長くご使用されるためには着物や帯の生地の検証が非常に重要です。
(タンスの中にしまいっぱなしの着物や
骨董市などで販売されている古い着物や帯には生地が弱くなっているものがあります)
長く使える着物リメイク商品を製作するためには必ずプロのアドバイスが必要です!
私達は古い着物/帯からのリメイクを専門に仕事をしています。
タンスの中に着物や帯が眠っている方はお気軽に今すぐご相談ください!

メールでのお問い合わせご注文はこちら
<44秒で分かる!!カナタツ商店の着物リメイクへの考え方♪>

何かお探しでしょうか