骨董リメイク@髪飾り(笄/こうがい)をリメイクしてペンダントに。

JUGEMテーマ:着物リメイク/古布リフォーム/裂き織り
昨日の夜から急に気温が下がったように感じます。
自分が薄着だから寒く感じるのか。と思っていたのですがカナコさんも寒いって言っていました。
一日で何度も気温が下がって急に寒くなる訳でも無いので
この温度ぐらいから寒く感じるよ…ていうラインがあるのでしょうか。
そして今朝も結構ひんやりします。
さて今日は骨董品リメイクのペンダントの実例をご紹介したいと思います。
blog_20.jpg
使用した髪飾りは笄(こうがい)という髪飾りの一種です。
すっきりとした印象のペンダントを製作しています。
シンプルですが髪飾りが映える良い商品です。
(この商品の簡単なバージョンを下部で紹介する「いきいき」にレシピ提供しています。)
タンスの中にいつの物か判らない髪飾りは眠っていないですか?
捨てるに捨てれない品ならばリメイクがお勧めです。
ご相談・お問い合わせはお気軽に096-285-6621までどうぞ!
(メールは info@ct6.jp までお気軽に!)
【お知らせ】
今回のご注文はコチラの読者の方からでした!
いきいき4月号
(2012年)4月号では
着物リメイクのお店カナタツ商店の監修で
皆様のタンスに眠る髪飾りリフォームペンダントのレシピが記載されています。
(141ページ~「和の髪飾り」で作る簡単ペンダント)
着物リフォームを世に広めた功労者のような雑誌です、興味のある方は是非ご一読ください。
2012年10月19日
着物リメイクのお店カナタツ商店
「その着物、リメイク前にきちんと生地を検証しましたか??」
多少の縫製の技術があれば専門店以外でも形にすることは出来るかもしれませんが、
長くご使用されるためには着物や帯の生地の検証が非常に重要です。
(タンスの中にしまいっぱなしの着物や
骨董市などで販売されている古い着物や帯には生地が弱くなっているものがあります)
長く使える着物リメイク商品を製作するためには必ずプロのアドバイスが必要です!
私達は古い着物/帯からのリメイクを専門に仕事をしています。
タンスの中に着物や帯が眠っている方はお気軽に今すぐご相談ください!

メールでのお問い合わせご注文はこちら
<44秒で分かる!!カナタツ商店の着物リメイクへの考え方♪>

何かお探しでしょうか