着物リメイクブログ@帯リメイクの要注意のポイント。作り方の基本の「き」…ボストンバッグ編


カナタツ商店は現在大きな転機に立っています。
わずか一日で訪れた急転直下の転機です。
お客様や自分たちが不利益を被るような類の話ではないのですが
自分たちカナタツ商店の社会的な立ち位置が変わる出来事になると思います。
このお話は近日落ち着いた際に出来ると思いますが、
今はどういう選択肢を取るべきか迷っています。
さて今日はとても素敵な帯からボストンバッグをリメイクさせて頂いた製作実例を
帯リメイクの作り方の第一の注意点を交えてご紹介させて頂きたいと思います。
blog_7.jpg
素晴らしい帯をボストンバッグにリメイクさせて頂きました。
この帯はじつにセンスの良い柄の配置をしてあるのですが、
手前のポケット部分にうっすらと山の稜線が浮かんでいるのは判るでしょうか?
こちらのお客様からお預かりした着物はセンスが良い物で、
「この着物にこの帯は上品だろうな…」と製作者の私達も
お預かりした着物や帯を広げた際にまじまじと拝見しました。
そして帯のリメイクの作り方のポイントですが
特にボストンバッグはこのサイズですので生地の適性が重要です。
「生地の状態を見極める/適性の判断をする」
これは帯に限らず着物のリメイクの基本の「き」だと思います。
この生地の検証が出来ないとすぐに擦れたり破けたりします。
帯の生地の状態の見極めはかなり難しいです。
私達は
「着物リメイク専門店」
として仕事をしています。
「着物リメイク専門店」
とはどういう事かと申し上げると、
リメイクする着物や帯の見極め、状態の把握を大変得意にしているという事です。
タンスの中の着物や帯は見た目が綺麗でも予想以上に劣化していることがあります。
普通の縫製職人さんがこの部分の見極めが出来ますか?
劣化している着物や帯でリメイクしても決して長く使用できません。
傷んでる着物や帯はそれに応じたリメイクが必要なのです。
カナタツ商店は古い着物の扱いを得意にしていますので
是非一度リメイクをお考えの着物や帯についてお話を聞かせてください。
相談は無料です。担当の小玉が電話の前でお待ちしています。
着物・帯無料リメイク相談実施中(月~土/8時30分から18時)
電話番号:096-285-6621

着物/帯をリメイクのプロの私達が拝見して相談ができる無料サービスをご希望のお客様はコチラ

2012年10月27日
着物リメイクのお店カナタツ商店
≪≪ 専門店の私たちが考える着物リメイク最大のポイント ≫≫

「その着物、リメイク前にきちんと生地を検証しましたか??」
多少の縫製の技術があれば専門店以外でも形にすることは出来るかもしれませんが、
長くご使用されるためには着物や帯の生地の検証が非常に重要です。
(タンスの中にしまいっぱなしの着物や
骨董市などで販売されている古い着物や帯には生地が弱くなっているものがあります)
長く使える着物リメイク商品を製作するためには必ずプロのアドバイスが必要です!
私達は古い着物/帯からのリメイクを専門に仕事をしています。
タンスの中に着物や帯が眠っている方はお気軽に今すぐご相談ください!

メールでのお問い合わせご注文はこちら
<44秒で分かる!!カナタツ商店の着物リメイクへの考え方♪>

何かお探しでしょうか