着物リメイクブログ@長襦袢からのリメイクの作り方/訪問着からマフラーにリメイク

JUGEMテーマ:着物リメイク/古布リフォーム/裂き織り
若い時、勤め先の社長に言われて今でも大事にしている言葉があります。
「会社は社長の器の分しか大きくならないから私は勉強をする。
もし間違って器以上に売れても、それはバブルと同じで必ずはじける」
実際にとても勉強熱心な方でしたから説得力があり、
私もすんなり腑に落ちました。
今自分が独立して思う事はこの言葉は至言だという事です。
私は大きな器を目指さない(目指せない)ですが、
小さくても個性的な器にはなりたいと思っています。
自分自身の器を広げる事や形を作る事は容易な事では無いですが
日々の仕事への取組みの中で少しでも私が目指す未来を作りたいと思います。
今日も心を込めて仕事をさせて頂きます。
さて今日は結構レアなリメイクの商品の紹介です。
長襦袢からリメイクしたノースリーブを紹介させて頂きます。
長襦袢からのリメイクは数えるほどしか当ブログには登場していないと思います。
blog_5.jpg 
私は長襦袢のリメイクに関してはかなり慎重に考えます。
長襦袢の場合、特に古いものは本当にリメイクするべき着物生地を選びます。
それが長襦袢リメイク最大のポイントです。
着物リメイクの作り方 生地の見極めが重要

大事なお着物をリメイクするのですから、
この着物生地の見極めや検証という工程はぜひとも重要視して下さい。
着物リメイクと言うと作る事(縫製する事)のみに意識が行きがちですが、
私は着物生地の見極めの経験は縫製技術と同じくらい重要なスキルだと思います。
続いて今からの生地はご注文が増える着物リメイクのマフラーを紹介したいと思います。
blog_1.jpg
着物生地は肌さわりが良いものが多いですから
実はマフラーは実に相性が良い商品です。
ウールや化繊では肌がチクチクされる敏感肌の方には
正絹着物生地からリメイクするマフラーはお勧めできます。
画像は上質な訪問着からのリメイクでした。
リメイクをお考えの着物があれば「無料」で当店で回収させて頂きますのでお気軽にご相談ください。
さて、古い着物は生地自体の劣化を感じることが多いです。
前述の通り古い着物からのリメイクは縫製の技術もさることながら
生地をきちんと検証することが必要です。
着物リメイクのご相談はお気軽に096-285-6621までどうぞ。
担当:小玉が電話の前でお待ちしています。
着物/帯をリメイクのプロの私達が拝見して相談ができる無料サービスをご希望のお客様はコチラ

2012年11月2日…次の更新は連休明けの5日(月)です
着物リメイクのお店カナタツ商店
≪≪ 専門店の私たちが考える着物リメイク最大のポイント ≫≫
「その着物、リメイク前にきちんと生地を検証しましたか??」
多少の縫製の技術があれば専門店以外でも形にすることは出来るかもしれませんが、
長くご使用されるためには着物や帯の生地の検証が非常に重要です。
(タンスの中にしまいっぱなしの着物や
骨董市などで販売されている古い着物や帯には生地が弱くなっているものがあります)
長く使える着物リメイク商品を製作するためには必ずプロのアドバイスが必要です!
私達は古い着物/帯からのリメイクを専門に仕事をしています。
タンスの中に着物や帯が眠っている方はお気軽に今すぐご相談ください!

メールでのお問い合わせご注文はこちら
<44秒で分かる!!カナタツ商店の着物リメイクへの考え方♪>

何かお探しでしょうか