着物リメイクブログ@着物リメイクの残布を活かして…ポーチやシュシュなど小物を製作

JUGEMテーマ:着物リメイク/古布リフォーム/裂き織り
昨日はサッカー日本代表戦。
一度追いつかれて土壇場で勝ちきる所で今の日本代表の充実と強さを感じました。
サッカーは見だすと面白いですね。
さて今日は着物リメイクの際に出るハギレの活用方法について綴らせて頂きます。
blog_11.jpg
着物リメイクをすると作るものによっては結構残布が出ます。
残布を活かすリメイクとしてはポーチ、巾着、がま口などが製作可能です。
着物は素材が良いだけに素材を出来る限り無駄にはしたくないですね。
それでもハギレが残るなら…
blog_12.jpg
シュシュなどもリメイク出来ますよ。
当店でもご希望があればリメイクさせて頂いています。
着物リメイク屋としては残布分量を少なく仕事をするのは冥利に尽きます。
リメイクをお考えの着物や帯があれば
「無料」で当店で回収させて頂きますのでお気軽にご相談下さい。
今すぐカナタツ商店にリメイク用の着物を見てもらう
古い着物からリメイクする場合は古い着物・帯は生地自体の劣化を感じることが多いです。
古い着物・帯、古布からのリメイクは縫製の技術もさることながら
生地をきちんと検証することが必要です。
私達カナタツ商店の強みは古い着物や帯に対する知識・経験です。
ご相談は今すぐ⇒096-285-6621まで
2012年11月15日
着物リメイクのお店カナタツ商店
≪≪ 専門店の私たちが考える着物リメイク最大のポイント ≫≫
「その着物、リメイク前にきちんと生地を検証しましたか??」
多少の縫製の技術があれば専門店以外でも形にすることは出来るかもしれませんが、
長くご使用されるためには着物や帯の生地の検証が非常に重要です。
(タンスの中にしまいっぱなしの着物や
骨董市などで販売されている古い着物や帯には生地が弱くなっているものがあります)
長く使える着物リメイク商品を製作するためには必ずプロのアドバイスが必要です!
私達は古い着物/帯からのリメイクを専門に仕事をしています。
タンスの中に着物や帯が眠っている方はお気軽に今すぐご相談ください!

メールでのお問い合わせご注文はこちら
<44秒で分かる!!カナタツ商店の着物リメイクへの考え方♪>

 

何かお探しでしょうか