着物リメイクブログ@カナタツ商店遂に世界デビュー!?と着物リメイクワンピースの話

JUGEMテーマ:着物リメイク/古布リフォーム/裂き織り
今日は昨日届いた『まるごと 日本のことばと文化』から一ページをご紹介します。
この本は海外の成人が外国語として日本語を学ぶための新しい教科書です。

この教科書には当店カナタツ商店から着物リメイクに関する資料提供しています。
(上の商品画像もその一部)
文中より…『前はきものでしたか。(はい 〇、いいえ ×)』
今日も『はい 〇』な着物リメイク商品をご紹介したいと思います。
今日ご紹介するのはリピーターのお客様のリクエストで製作させて頂いたワンピースです。
blog_5.jpg
実にシンプルで着やすいシルエットだと思います
その実用性がお客様のお気に入りでこのデザインは
コチラのお客様から2枚のご注文を受けています。
blog_6.jpg
一見着物リメイクのように見えない色無地からのリメイクなのですが
お客様のこだわりは背中の部分に現れます。
blog_7.jpg
家紋が入っています♪
そもそも着物生地という素材の良さに手伝って家紋のワンポイントが活きて
とても品の良い着物リメイクになっていると思います。
着物リメイクから洋服を作る際のポイントを今日は少しご紹介したいと思います。
着物リメイクで洋服をネットショップでオーダーする際に最も手っ取り早いのは
お気に入りのお洋服をお手本にサンプルとしてお借りする事です。
そのことで製作者である私達はお客様のサイズやデザインの嗜好の把握が容易です。
それと同時にとても大事なのが私が常々当ブログでお伝えしている
製作者サイドの着物生地(特に古い着物生地)に対する造詣や知識や経験です。
古い着物や帯には独特の癖があります。

単純にワンピース、スカート…と形にすることは縫製技術があれば容易な事です。
しかし、古い着物生地の見極めができていなければ
形になったのは良いけど数回の着用で破ける、裂ける等が起きる事もあります。
着物リメイクの経験の浅い街の縫製屋さんが
お客様のご注文のまま着物リメイクを行って前述のようなトラブルになって…
という話は私も自分のキャリアの中で何回聞いたか判りません。
当店では「私の着物でも出来ますか?」というお問合せが多いですが、
着物の状態さることながらそれぞれに柄の入り方などが大きく異なりますので、
現物を拝見した方が正確なお答えが出来ます。
リメイクをお考えの着物があれば「無料」で当店で回収させて頂きますのでお気軽にご相談下さい。
古い着物は生地自体の劣化を感じることが多いです。
前述の通り古い着物からのリメイクは縫製の技術もさることながら
生地をきちんと検証することが必要です。
着物リメイクのご相談はお気軽に096-285-6621までどうぞ。
担当:小玉が電話の前でお待ちしています。
着物/帯をリメイクのプロの私達が拝見して相談ができる無料サービスをご希望のお客様はコチラ

2012年11月16日…明日/明後日は店休日でブログはお休みです。
着物リメイクのお店カナタツ商店
≪≪ 専門店の私たちが考える着物リメイク最大のポイント ≫≫
「その着物、リメイク前にきちんと生地を検証しましたか??」
多少の縫製の技術があれば専門店以外でも形にすることは出来るかもしれませんが、
長くご使用されるためには着物や帯の生地の検証が非常に重要です。
(タンスの中にしまいっぱなしの着物や
骨董市などで販売されている古い着物や帯には生地が弱くなっているものがあります)
長く使える着物リメイク商品を製作するためには必ずプロのアドバイスが必要です!
私達は古い着物/帯からのリメイクを専門に仕事をしています。
タンスの中に着物や帯が眠っている方はお気軽に今すぐご相談ください!

メールでのお問い合わせご注文はこちら
<44秒で分かる!!カナタツ商店の着物リメイクへの考え方♪>

 

何かお探しでしょうか