着物リフォームブログ@留袖をリメイクの方法とポイントに関して

JUGEMテーマ:着物リメイク/古布リフォーム/裂き織り

昨日は日曜日でしたので本日2日より9月の仕事のスタートです。
気分転換にブログのデザインを変更しました。

夏休み最後の週末、皆様はどのように過ごされたでしょうか。
私は早くも年末の過ごし方に関して計画を立てました。
ただ、驚くのは「行きたい」と思うところはすでに予約が埋まりまくっていることです。
驚きますね…
さて、年末年始はどのように過ごしましょうか…

今日は留袖のリメイク実例などをご紹介したいと思います。
通帳入れ画像.jpg
この商品はとても良くできたと思う通帳ケースです。
留袖の家紋を活かしつつ、
同時にお預かりした角帯を組み合わせて製作した商品になります。
ケースバイケースでの対応になりますが
帯の厚みや状態次第ではこのような組み合わせも可能です。

上の留袖リメイクでは家紋部分を活かしましたが、
下の留袖リメイクでは柄を活かして日傘を制作しました。
留袖日傘画像.jpg
留袖は通常裾部分に柄がありますが、
その柄部分を活かして黒無地で余白を楽しむような柄の配置をさせて頂きました。
これは留袖から日傘を制作する場合の大枠での考え方になります。
柄の入り方は着物それぞれに変わるので
その都度どのように柄を使うかは変わってくるのですが
柄を最大限に生かして作りたいと思っています。
(本日は生地の適性などに関しては省きます。
着物リメイクでの日傘の作り方や注意点などに興味がある方は
《着物リメイク「日傘」》のカテゴリをご参照ください)

留袖は上質な素材に伝統的な柄が配されているので
非常に良い着物リメイクになりますよ。
ご自宅のタンスに着ることの無い留袖は眠っていませんか?

さて、着物リメイクをお考えの方にアドバイス!
着物や帯それぞれで制作の方法も異なりますので
一度お持ちのお着物や帯を見せていただければリメイクの助言をさせて頂きます。
>カナタツ商店に着物/帯を見せてアドバイスしてもらう<

私達カナタツ商店の強みは古い着物に対する知識です。
ご相談は今すぐ⇒096-285-6621まで
担当:小玉が電話の前でお待ちしています!!

2013年9月2日
着物リメイクのお店カナタツ商店


「その着物、リメイク前にきちんと生地を検証しましたか??」

多少の縫製の技術があれば専門店以外でも形にすることは出来るかもしれませんが、
長くご使用されるためには着物や帯の生地の検証が非常に重要です。
(タンスの中にしまいっぱなしの着物や
骨董市などで販売されている古い着物や帯には生地が弱くなっているものがあります)
長く使える着物リメイク商品を製作するためには必ずプロのアドバイスが必要です!

私達は古い着物/帯からのリメイクを専門に仕事をしています。
タンスの中に着物や帯が眠っている方はお気軽に今すぐご相談ください!

メールでのお問い合わせご注文はこちら

<44秒で分かる!!カナタツ商店の着物リメイクへの考え方♪>

何かお探しでしょうか