着物リフォームブログ@着物リメイクのスーツとチュニックの作り方や型紙について

JUGEMテーマ:着物リメイク/古布リフォーム/裂き織り

本日ご紹介する着物リメイクのチュニックとスーツを納品させて頂いたお客様から
ご自身がモデルで納品させて頂いたの着物リメイク商品を
ご使用時の写真を送っていただきました。(先ほど郵便受けから拝読)
本当に嬉しいですね!!!
この「使ってますよ!」というスナップ写真というのは
私達にとって最上級のご褒美です。
大切に飾らせて頂こうと思います。

さて今日は着物リメイクで洋服を作る際に考えておくべきポイントを綴りたいと思います。
実例で前日の通り着物リメイクスーツとチュニックをご案内します。
blog9.jpg
今回リメイクさせて頂いた着物リメイクスーツとチュニック共通で言えることですが、
使用した型紙が着物リメイクを意識したものとなっています。

ここで「着物リメイクを意識した型紙」とそうでないもの違いが何だろう、
と気になる方がいらっしゃることだと思います。
その一番の違いは反物幅(生地幅)を意識したものか否かという事が言えると思います。
着物リメイク専門店である私達は反物幅を逆手に取るような型紙を
豊富に用意しています。

例えば判りやすい例で言えば「A4サイズ」でバッグ等を製作するとします。

製作者が反物幅を意識していないならば数センチの継ぎを入れて解決すると思うのですが
(この場合多くは継ぎが数センチでバランスが悪くなります。)
この時、柄や反物幅を活かすなら生地を縦に使えばこのA4問題は解決します。
柄が縦横が関係ないなら生地を横にしても良いです。
このような型にはまらず考える柔軟性が着物リメイクには求められると思います。
blog10.jpg
今日は最後の少し気になることを綴りますが
最近の着物リメイク/着物リフォームを名乗るホームページ上で散見する
「着物リメイクでもお家でガンガン洗えます!」というのは私は少し疑問を持っています。
お店サイドの売りたい意識が強すぎてお客様にリスクを負わせている印象を持ちます。

もちろん中にはそのように自宅で洗っても問題ない着物も沢山ありますし、
リメイクのお店の本物のプロの保証の元なさるなら良いと思うのですが、
呉服屋、アンティーク着物(古布)を経験してきた立場からいうと
初心者も多く着物の知識が様々な一般のユーザーの方には着物生地の扱いには
慎重になっていただいたくように説明した方が良いように思っています。

私は修業時代に洗濯機に入れた着物生地が
縮んだ事、破けた事、溶けた事、全て経験があります。
収入の少ない若い時に切った身銭の痛みで着物生地の見極め力を養いました。
痛みを伴った経験だからこそ、あまり安直に着物の事【特に古い着物】が判らない方に
着物生地も洋服生地も同じという意識は与えないほうが良いのでは…と思っています。
まぁ、着物リメイク屋さんも考え方がそれぞれですので個人的見解ですが。

さて、着物リメイクをお考えの方にアドバイス!
着物や帯それぞれで制作の方法も異なりますので
一度お持ちのお着物や帯を見せていただければリメイクの助言をさせて頂きます。
>カナタツ商店に着物/帯を見せてアドバイスしてもらう<

私達カナタツ商店の強みは古い着物に対する知識です。
ご相談は今すぐ⇒096-285-6621まで
担当:小玉が電話の前でお待ちしています!!

2013年9月6日
着物リメイクのお店カナタツ商店


「その着物、リメイク前にきちんと生地を検証しましたか??」

多少の縫製の技術があれば専門店以外でも形にすることは出来るかもしれませんが、
長くご使用されるためには着物や帯の生地の検証が非常に重要です。
(タンスの中にしまいっぱなしの着物や
骨董市などで販売されている古い着物や帯には生地が弱くなっているものがあります)
長く使える着物リメイク商品を製作するためには必ずプロのアドバイスが必要です!

私達は古い着物/帯からのリメイクを専門に仕事をしています。
タンスの中に着物や帯が眠っている方はお気軽に今すぐご相談ください!

メールでのお問い合わせご注文はこちら

<44秒で分かる!!カナタツ商店の着物リメイクへの考え方♪>

何かお探しでしょうか