着物リフォームブログ@辻が花の着物からリメイクしたチュニックと訪問着から色々製作

JUGEMテーマ:着物リメイク/古布リフォーム/裂き織り

以下、Wikipediaより

『辻ヶ花(つじがはな)とは、室町時代から安土桃山時代にかけて現れた絞り染めの技法。
最盛期に当たる、桃山から江戸時代初期にかけては、
複雑な縫い締め絞り・竹皮絞りなどの高度な技法が使用され、
多色染め分けによる高度な染物を創り出し、
摺箔等の技法とともに安土桃山時代の豪華絢爛たる文化(桃山文化)を演出した。
当時は染物といえば辻ヶ花を指すほどに一般的な染織作品であったといわれている。』

今日も呉服屋さんの勉強のような話からブログをスタートさせましたが
今日のリメイクの制作実例は辻が花の訪問着を
リメイクさせて頂いたチュニックを紹介させて頂きます。

blog8.jpg

この歴史から消えた辻が花を再興させたのは久保田一竹氏。
ブログをご覧の皆様にも一竹辻が花の名前をご存知の方は多いのではないでしょうか。
その後今回リメイクさせて頂いたような辻が花の着物を見るようになる事を思うと
久保田氏の功績は非常に大きいですね。
逆説的な説明になりますが辻が花は久保田氏の出現により近年復興されていますので
着物として極端に古いという事はありません。
比較的状態良くリメイクはしやすいものが多いです。
着物の古さなどを見る時の一つのバロメーターになります。

続いては友禅の訪問着からのリメイクです。
blog7.jpg
最初に登場した辻が花を歴史の表舞台から消したのは
友禅の登場だったためと言われているので、
今日ご紹介しているお客様のご依頼のお着物2枚で着物の歴史の一端が学べますね(笑)
一日ブログにトピックを詰め込まないようにしていますので
いつか友禅に関する大雑把な説明はしたいと思います。

ここ数日は着物リメイク専門店の
呉服屋さん的知識の重要性を綴っていますが、
着物リメイクをするには
「呉服屋的知識」
「アンティーク着物/古布への造形」
「洋裁の技量」
など総合的に必要だと思います。
着物リメイクのお店カナタツ商店は、
上記の基本部分プラスアルファで
「アパレル商品流通の仕組み」や
「ネットショップ運営のノウハウ」なども
経験として積んでいます。
それは全てお客様に還元されうる私たちの財産だと思っています。

さて、着物リメイクをお考えの方にアドバイス!
着物や帯それぞれで制作の方法も異なりますので
一度お持ちのお着物や帯を見せていただければリメイクの助言をさせて頂きます。
>カナタツ商店に着物/帯を見せてアドバイスしてもらう<

私達カナタツ商店の強みは古い着物に対する知識です。
ご相談は今すぐ⇒096-285-6621まで
担当:小玉が電話の前でお待ちしています!!

2013年9月11日
着物リメイクのお店カナタツ商店


「その着物、リメイク前にきちんと生地を検証しましたか??」

多少の縫製の技術があれば専門店以外でも形にすることは出来るかもしれませんが、
長くご使用されるためには着物や帯の生地の検証が非常に重要です。
(タンスの中にしまいっぱなしの着物や
骨董市などで販売されている古い着物や帯には生地が弱くなっているものがあります)
長く使える着物リメイク商品を製作するためには必ずプロのアドバイスが必要です!

私達は古い着物/帯からのリメイクを専門に仕事をしています。
タンスの中に着物や帯が眠っている方はお気軽に今すぐご相談ください!

メールでのお問い合わせご注文はこちら

<44秒で分かる!!カナタツ商店の着物リメイクへの考え方♪>

何かお探しでしょうか