着物リメイクブログ@着物リメイクで服を作るなら…着物生地の特性は知るべき

JUGEMテーマ:着物リメイク/古布リフォーム/裂き織り

先週末は秋のキャンプに行ってきました。
涼しいですね。秋のキャンプ。
秋刀魚を焼いて熱燗をつけて…
BBQよりもこんなメニューが美味しく感じる年齢になりました(笑)

さて今日は着物リメイクで服を作る時の作り方。
着物の生地の特性を理解しておく重要性を綴ります。
ブログ.jpg

着物生地でリメイクする場合、
デザイン以前に理解しておくことは
『着物生地にはストレッチが全くない』という事です。

単純に考えてみて…
タイトなスキニーパンツは着物リメイクに向くでしょうか。不向きでしょうか。
スキニーパンツはストレッチのない着物生地には不向きですし、
またタンスに眠ったままの着物生地の場合、
生地自体の劣化も考えられるのでボトム自体リメイクに慎重にするべきです。

逆にAラインのチュニックなどはどうでしょうか。
体系を選ばないようなゆったりとしたチュニックは
着物リメイクに向くアイテムだといえると思います。

手芸屋さんや大型書店に行けば洋服の型紙は沢山あります。
しかしながら着物リメイクに向くか否かは
着物の生地の特徴を理解したうえで決める必要があります。

『ストレッチが無い』
『古い着物生地は生地そのものが劣化していることがある』
着物リメイクをする際はこの2つの要素は是非加味してください。

さて、着物リメイクをお考えの方にアドバイス!
着物や帯それぞれで制作の方法も異なりますので
一度お持ちのお着物や帯を見せていただければリメイクの助言をさせて頂きます。
>カナタツ商店に着物/帯を見せてアドバイスしてもらう<

私達カナタツ商店の強みは古い着物に対する知識です。
ご相談は今すぐ⇒096-285-6621まで
担当:小玉が電話の前でお待ちしています!!

2013年9月17日
着物リメイクのお店カナタツ商店


「その着物、リメイク前にきちんと生地を検証しましたか??」

多少の縫製の技術があれば専門店以外でも形にすることは出来るかもしれませんが、
長くご使用されるためには着物や帯の生地の検証が非常に重要です。
(タンスの中にしまいっぱなしの着物や
骨董市などで販売されている古い着物や帯には生地が弱くなっているものがあります)
長く使える着物リメイク商品を製作するためには必ずプロのアドバイスが必要です!

私達は古い着物/帯からのリメイクを専門に仕事をしています。
タンスの中に着物や帯が眠っている方はお気軽に今すぐご相談ください!

メールでのお問い合わせご注文はこちら

<44秒で分かる!!カナタツ商店の着物リメイクへの考え方♪>

何かお探しでしょうか