着物リフォームブログ@カナタツ商店としてはディテールに凝った仕事が好きです。

JUGEMテーマ:着物リメイク/古布リフォーム/裂き織り

昨日は日曜日で店休日でした。
近所の江津湖界隈でお祭り開催中という事で遊びに行きました。
乗馬体験や足湯やライブなどなかなか興味深い催しがありました。

その中でおもしろかったのがシェル艇っていうのかな??
漕艇用の船を漕がせてもらったことです。
5人乗りの先頭と最後尾に大学のボート部の人が乗り、
その間を素人が一緒に漕げるのですが人に合わせないとスピードが出ない…。
息が合うとスピードが出るので経験者がいないとなかなかのせてもらえないと思いますが、
公園のボートとは一味違いました。

さて今日はカナタツ商店的着物リメイクバッグの作り方について綴ります。
下の画像は喪服からリメイクさせて頂いたハンドバッグになります。
これはこれでシンプルでとても良いのですが
お客様にご了承いただければ是非とも家紋も活かしたい…

blog_1.jpg

このケースではお客様が内側に家紋を使う事をご了承くださったので
内ポケットに家紋部分を使用させて頂きました。
少しわかりにくいですが下の画像になります。

blog_2.jpg

お客様が何も言われないからと流すよりも、
より一層良い着物リメイクになると思えば
さまざまにご提案をさせて頂くのが当店のスタンスです。
着物リメイク専門店を名乗る以上は私たちの持ちうる引き出しは
出し惜しみせずにお客様にご提供したいと思います。

さて、着物リメイクをお考えの方にアドバイス!
着物や帯それぞれで制作の方法も異なりますので
一度お持ちのお着物や帯を見せていただければリメイクの助言をさせて頂きます。
>カナタツ商店に着物/帯を見せてアドバイスしてもらう<

私達カナタツ商店の強みは古い着物に対する知識です。
ご相談は今すぐ⇒096-285-6621まで
担当:小玉が電話の前でお待ちしています!!

2013年10月7日
着物リメイクのお店カナタツ商店


「その着物、リメイク前にきちんと生地を検証しましたか??」

多少の縫製の技術があれば専門店以外でも形にすることは出来るかもしれませんが、
長くご使用されるためには着物や帯の生地の検証が非常に重要です。
(タンスの中にしまいっぱなしの着物や
骨董市などで販売されている古い着物や帯には生地が弱くなっているものがあります)
長く使える着物リメイク商品を製作するためには必ずプロのアドバイスが必要です!

私達は古い着物/帯からのリメイクを専門に仕事をしています。
タンスの中に着物や帯が眠っている方はお気軽に今すぐご相談ください!

メールでのお問い合わせご注文はこちら

<44秒で分かる!!カナタツ商店の着物リメイクへの考え方♪>

何かお探しでしょうか