着物リメイクブログ@お宮参りの着物をリメイク…そして、お客様の御感想

今日のブログでは当初の見立てが甘く
生地の補強・フォローに非常に時間を要して
苦労したお宮参りの衣装のリメイクに関してご紹介します。
製作させて頂いたのは50センチ角の座布団カバーですが、
納品後お客様に頂いたメールで本当に報われた思いがします。
以下、納品させて頂いた一つ身リメイククッションカバー(50×50)と
とお客様に頂いたメールよりご許可を頂いた一部抜粋です。
*****
現在海外で仕事をしている息子に今年のクリスマスプレゼントを
考えております時 
その昔お宮参りに息子の祖母が祈りを込め 
用意してくれた着物をクッションにリフォームしようと考えました。 
 
長い時間を経た着物は保存の仕方が悪く傷んでいる箇所もただ
ありましたが 
小玉さんと一緒にメールやお電話でデザインをおこして
いきました。 
 
届いたクッションカバーは想像以上に素敵で 
リビングに存在感を
与えるものでした。 
 
何より嬉しかったことは小玉さんが私の思いを十分に吸い上げそれを 
丁寧に形にしてくださったことです。 
これから母の着物の整理にはいりますが今後も小玉さんにご相談させて 
いただきたく楽しみにしております。
本当にありがとうございました。 
*****
古い着物をリメイクする技術……蓄積しています。
箪笥に眠った着物がある方、お気軽にご相談下さい!!
さて、着物リメイクをお考えの方にアドバイス!
着物や帯それぞれで制作の方法も異なりますので
一度お持ちのお着物や帯を見せていただければリメイクの助言をさせて頂きます。
>カナタツ商店に着物/帯を見せてアドバイスしてもらう<

私達カナタツ商店の強みは古い着物に対する知識です。
ご相談は今すぐ⇒096-285-6621まで
担当:小玉が電話の前でお待ちしています!!

2014年11月21日
着物リメイクのお店カナタツ商店


「その着物、リメイク前にきちんと生地を検証しましたか??」

多少の縫製の技術があれば専門店以外でも形にすることは出来るかもしれませんが、
長くご使用されるためには着物や帯の生地の検証が非常に重要です。
(タンスの中にしまいっぱなしの着物や
骨董市などで販売されている古い着物や帯には生地が弱くなっているものがあります)
長く使える着物リメイク商品を製作するためには必ずプロのアドバイスが必要です!

私達は古い着物/帯からのリメイクを専門に仕事をしています。
タンスの中に着物や帯が眠っている方はお気軽に今すぐご相談ください!

メールでのお問い合わせご注文はこちら

<44秒で分かる!!カナタツ商店の着物リメイクへの考え方♪>

何かお探しでしょうか