着物リメイクブログ@カナタツ商店の着物リメイクって結局どうなの?…3日連続2日目

お蔵入りのページ復活祭2日目。
この作りこんだバナー一つ一つが懐かしいです。
当店の着物リメイクの歴史であり、お客様と構築してきた関係です。
canataz_work_8.jpg
当時、雑誌「いきいき」へのレシピ提供を行って、直接ご注文も頂きました。
ハードは分け与えれば減るばかりですが
情報やソフトはどんどん出す事で相乗効果を生むという良い学びになりました。
今もその想いでこのブログを綴っています。
canataz_work_q.jpg
こういうお言葉ってとっても心が温まります。
着物リメイク、お客様の大事なお着物や帯に鋏を入れさせていただく重さを感じます。
暖簾は生地分量を使うので無駄なくリメイクしたい方にはおすすめです。
ちなみに暖簾は西日本・東日本で少し作り方が異なります。
そのお話は後日。
canataz_work_c.jpg
大島紬は難しい素材ですがご相談が多い案件でもあります。
ですので私達も場数は結構踏んだ素材となります。
ご相談頂ければ様々なアイデアをご提供出来ますよ。
canataz_work_1a.jpg
さて、着物リメイクをお考えの方にアドバイス!
着物や帯それぞれで制作の方法も異なりますので
一度お持ちのお着物や帯を見せていただければリメイクの助言をさせて頂きます。
>カナタツ商店に着物/帯を見せてアドバイスしてもらう<

私達カナタツ商店の強みは古い着物に対する知識です。
ご相談は今すぐ⇒096-285-6621まで
担当:小玉が電話の前でお待ちしています!!

2014年12月10日
着物リメイクのお店カナタツ商店


「その着物、リメイク前にきちんと生地を検証しましたか??」

多少の縫製の技術があれば専門店以外でも形にすることは出来るかもしれませんが、
長くご使用されるためには着物や帯の生地の検証が非常に重要です。
(タンスの中にしまいっぱなしの着物や
骨董市などで販売されている古い着物や帯には生地が弱くなっているものがあります)
長く使える着物リメイク商品を製作するためには必ずプロのアドバイスが必要です!

私達は古い着物/帯からのリメイクを専門に仕事をしています。
タンスの中に着物や帯が眠っている方はお気軽に今すぐご相談ください!

メールでのお問い合わせご注文はこちら

<44秒で分かる!!カナタツ商店の着物リメイクへの考え方♪>

何かお探しでしょうか