着物リメイクブログ@留袖リメイクの制作実例をご紹介します。

今日は着物リメイクの制作実例が「留袖」なので、
「なんで留袖を『江戸褄』と呼ぶのか」という事が気になって調べていたら
面白い事実にぶつかりました。

『留袖は振袖をリサイクルしたものであったので、

地色はさまざまだったが、明治時代に西洋のブラックフォーマルの概念が取り入れられ、
黒地になった。』…長崎巌『きものの裂のことば案内』より
黒留袖が一般化して育っているので疑問に思う事が無かったですが、
確かに皇室を見れば黒は喪の色とされているため
黒留袖は用いられず色留袖が用いられています。
黒留袖をお召の皇族の方は見た記憶が無いですし、
一般者でも叙勲などで宮中に参内する場合は色留袖を着用するのが慣例になっていますね。

一つの引っ掛かりから勉強になるものです。

さて今日はその「黒留袖」のリメイクの実例をご紹介いたします。
blog_72.jpg
留袖の特徴は裾に模様がある事ですので
その部分を活かす事を考えてリメイクを致しました。
ちなみに関東では今でも留袖の事を江戸褄と呼ぶ事があるようで
(お取引のある呉服屋さんが「江戸褄」「江戸褄」言うので…)、
そのひっかかりから今日のブログを書きましたが、
そのルーツは諸説あるようです。
芸者から広まった説や大奥の女性の身に付けた着物説などに当たりましたが、
荒っぽく推測すると現在の留袖のように裾に柄のある着物に辿りつくようですね。
信頼のおける文献などで調べてみたいと思います。
blog_71.jpg
現在リメイクに出される留袖の多くは結婚式仕様になっており
刺繍や柄などが非常におめでたく良い物が多いです。
その部分を活かすリメイクを製作者としては常に考えています。

さて、着物リメイクをお考えの方にアドバイス!

着物や帯それぞれで制作の方法も異なりますので
一度お持ちのお着物や帯を見せていただければリメイクの助言をさせて頂きます。
>カナタツ商店に着物/帯を見せてアドバイスしてもらう<私達カナタツ商店の強みは古い着物に対する知識です。
ご相談は今すぐ⇒096-285-6621まで
担当:小玉が電話の前でお待ちしています!!

2015年1月23日
着物リメイクのお店カナタツ商店

「その着物、リメイク前にきちんと生地を検証しましたか??」

多少の縫製の技術があれば専門店以外でも形にすることは出来るかもしれませんが、
長くご使用されるためには着物や帯の生地の検証が非常に重要です。
(タンスの中にしまいっぱなしの着物や
骨董市などで販売されている古い着物や帯には生地が弱くなっているものがあります)
長く使える着物リメイク商品を製作するためには必ずプロのアドバイスが必要です!

私達は古い着物/帯からのリメイクを専門に仕事をしています。
タンスの中に着物や帯が眠っている方はお気軽に今すぐご相談ください!

メールでのお問い合わせご注文はこちら

<44秒で分かる!!カナタツ商店の着物リメイクへの考え方♪>

何かお探しでしょうか