着物リメイクブログ@母の日と着物リメイク…共通の想い出の着物をリメイクして

月も変わりましたので母の日に関するご案内をさせて頂きたいと思います。
今月から母の日用の着物リメイクの受注を開始します。
例えば、
『成人式の時に買ってもらった振袖をリメイクして母の日に…』
『嫁入りのときに持たせてくれた着物一式の中で
       着る機会が無い着物をリメイクして母の日に…』
『他界したお婆ちゃんの想い出の着物をリメイクして母の日に…』
そういう「それぞれの想い」が時間を超えて循環しあう一助に
私達の着物リメイクがなってくれればこれ以上嬉しい仕事は無いですし、
私達が常々ブログに綴る
「お客様の想いを受け止める事から着物リメイクはスタートする」
という考え方がカナタツ商店の着物リメイクの根底にあるのは
そのような温かい「想い」に仕事を通して出会い続けた結果です。
blog_5.jpg
今日は当店の母の日用着物リメイクの受注解禁日ですので
母の日にまつわる実際に私達が受注したエピソードをご紹介します。
お母さんが娘さんの成人式の為に振袖を仕立てあげました。
その後、結婚した娘さんはお母さんに作ってもらった
大切な振袖の袖を詰める仕立て直しをしました。
そして、大事に取っておいた振袖の袖の残布から私達にリメイクの依頼がありました。
私達はその振袖の残布の柄が活きるように、一目で自分が仕立ててやった振袖と判る様に、
お母さんへのプレゼントを3点リメイクさせて頂きました。
娘に振袖を仕立ててやり、
娘はその着物を大事にしつつも
嫁入り後に不要になった袖の残布から母への恩返しのリメイク。
親子のそれぞれの想いが一つの輪のように還流する素敵なエピソード。
こういう仕事に出会えるからこそ私はこの仕事を天職だと思うことが出来るし、
出来る限りご依頼を断ることなく母の日のご相談を受け付けたいと思います。
今年はかなり早めの告知ですが5月10日までに確実に納品できる分を受け付けましたら
その後母の日のプレゼントをご相談下さる方には大変申し訳ないですが、
締め切りとなりますので母の日のプレゼントをお考えの方は今すぐお申し込みください。
(毎年母の日関連では数件はお断りしている案件がございます。)
母の日のプレゼントでしたら、是非その旨お伝えください。
より一層喜んで頂けるように
今日の画像のようなラッピングでしたら無料で対応させて頂きます。

私達カナタツ商店の最大の強みは当ブログでも良く綴る古い着物に対する知識です。
ご相談は今すぐ⇒096-285-6621まで
担当:小玉が電話の前でお待ちしています!!

2015年3月2日
着物リメイクのお店カナタツ商店

「その着物、リメイク前にきちんと生地を検証しましたか??」

多少の縫製の技術があれば専門店以外でも形にすることは出来るかもしれませんが、
長くご使用されるためには着物や帯の生地の検証が非常に重要です。
(タンスの中にしまいっぱなしの着物や
骨董市などで販売されている古い着物や帯には生地が弱くなっているものがあります)
長く使える着物リメイク商品を製作するためには必ずプロのアドバイスが必要です!

私達は古い着物/帯からのリメイクを専門に仕事をしています。
タンスの中に着物や帯が眠っている方はお気軽に今すぐご相談ください!

メールでのお問い合わせご注文はこちら

<44秒で分かる!!カナタツ商店の着物リメイクへの考え方♪>

何かお探しでしょうか