着物リメイクブログ@家族の想いのバトンを着物リメイクで繋ぐ…

今月に入り募集をスタートさせた「母の日」着物リメイクに関して…
そろそろ母の日までに納品可能な受注を終了しそうですのでご報告いたします。
今後の「母の日」納期の案件はケースバイケースの対応になりますので予めご了承下さい。
今日は「終活」の一環という事で着物リメイクの
ご相談を頂いたお客様の制作実例をご紹介します。
リメイクのご相談を頂いた着物はお客様にとって非常に思い入れのあるもので
「病床でお客様のお父様が反物を紡ぎ、
 叔母様が仕立てた着物をリメイクして終活として娘さんに受け継ぐため」
の着物リメイクでした。
生地をご家族が紡がれたものというのは私達も年に数件受けますが、
そこからさらにお身内が仕立てまでなさった着物のリメイクというのは珍しいと思います。
この着物がお客様にとっていかに思い入れのある着物か容易に想像がつきます。
ご家族が紡いだ着物というのは今までの経験上品質が高い物が多いと思います。
やはりご家族に差し上げるものは力が入るのでしょうね。
この「家族が紡いだ反物は質が高い」という法則からも
私がよくブログに綴る「家族への想い」をしっかりと感じます。
お父様が家族を想って紡いだ反物、
その反物を叔母様が着物に仕立てて、
受け継いだお客様が着物を着ない次世代の為に日傘にリメイクして受け継ぐ…
バトンのように受け継がれる家族それぞれの想いから
私達がいつもブログでお伝えしている「着物リメイクの本質」を感じる仕事でした。

さて、着物リメイクをお考えの方にアドバイス!

着物や帯それぞれで制作の方法も異なりますので
一度お持ちのお着物や帯を見せていただければリメイクの助言をさせて頂きます。
>カナタツ商店に着物/帯を見せてアドバイスしてもらう<

私達カナタツ商店の強みは古い着物に対する知識です。
ご相談は今すぐ⇒096-285-6621まで
担当:小玉が電話の前でお待ちしています!!

2015年3月17日
着物リメイクのお店カナタツ商店

「その着物、リメイク前にきちんと生地を検証しましたか??」

多少の縫製の技術があれば専門店以外でも形にすることは出来るかもしれませんが、
長くご使用されるためには着物や帯の生地の検証が非常に重要です。
(タンスの中にしまいっぱなしの着物や
骨董市などで販売されている古い着物や帯には生地が弱くなっているものがあります)
長く使える着物リメイク商品を製作するためには必ずプロのアドバイスが必要です!

私達は古い着物/帯からのリメイクを専門に仕事をしています。
タンスの中に着物や帯が眠っている方はお気軽に今すぐご相談ください!

メールでのお問い合わせご注文はこちら

<44秒で分かる!!カナタツ商店の着物リメイクへの考え方♪>

何かお探しでしょうか