着物リメイクブログ@破れた着物、経年劣化した着物生地…そのリメイク術

今日お客様から嬉しいリメイクのご相談を受けました。
同業他社も検討したうえで当店の考え方や取り組みに共感したので…。
ということをお伝えいただきとても嬉しかったです。
ブログでは自分たちの着物リメイクの
スタンスや考え方、哲学を発信するようにしていますが
仕事を進める上で根幹になる部分で共感できる方からの仕事のご依頼は嬉しいですし、
この小さな輪が少しでも広がるように、と毎日記事を書いています。
ということで、今日も私達の着物リメイクのスタンスに関してつづります。
今日は破れた着物、シミのある着物、傷んだ着物からのリメイクについて考えて見ます。
blog_7.jpg
今回新潟のお客様に送っていただいた子供用の着物には色褪せと破れが散見しました
正直申し上げて「こりゃキツいな…」という着物ではあったのですが
お客様のご希望内容を受けてリメイクを受けることにしました。
お客様のご希望はメガネケースとバッグ。
生地の状態は1枚の着物の中でも非常にムラがあったので
状態の良い部分を使うことで十分に対応できると判断しました。
blog_8.jpg
今回の案件では着物生地の劣化が当方の予想以上に非常に激しいという場合には
他にもいくつかフォローの案もあったのでギリギリのリメイクというよりも
少しゆとりを持って取り組めました。
この辺の心の余裕は難しい着物のリメイクの場数を踏んだ賜物だと思います。
今まで難題を与えてくださったお客様皆様に感謝です(笑)
blog_9.jpg
破れた着物、汚れた着物、生地が弱っている着物などからリメイクをお考えのお客様!
そのような一見「コレ大丈夫?」という着物でも
リメイクしてきた経験が私たちにはあります。お気軽にご相談ください。
(最近印象に残っている仕事にはネズミに齧られた帯のリメイクによる復活劇があります)

さて、着物リメイクをお考えの方にアドバイス!

着物や帯それぞれで制作の方法も異なりますので
一度お持ちのお着物や帯を見せていただければリメイクの助言をさせて頂きます。
>カナタツ商店に着物/帯を見せてアドバイスしてもらう<

私達カナタツ商店の強みは古い着物に対する知識です。
ご相談は今すぐ⇒096-285-6621まで
担当:小玉が電話の前でお待ちしています!!

2015年3月18日
着物リメイクのお店カナタツ商店

「その着物、リメイク前にきちんと生地を検証しましたか??」

多少の縫製の技術があれば専門店以外でも形にすることは出来るかもしれませんが、
長くご使用されるためには着物や帯の生地の検証が非常に重要です。
(タンスの中にしまいっぱなしの着物や
骨董市などで販売されている古い着物や帯には生地が弱くなっているものがあります)
長く使える着物リメイク商品を製作するためには必ずプロのアドバイスが必要です!

私達は古い着物/帯からのリメイクを専門に仕事をしています。
タンスの中に着物や帯が眠っている方はお気軽に今すぐご相談ください!

メールでのお問い合わせご注文はこちら

<44秒で分かる!!カナタツ商店の着物リメイクへの考え方♪>

何かお探しでしょうか