着物リメイクブログ@この画像のボストンバッグを納品して頂いたこのご感想

先輩の勧めがあって東日本で非常に勢いのある着物リメイクのメーカーさんを調べました。
正直感想として作っている商品はかなり単純。
(失礼!着物リメイク的なノウハウの蓄積が必要な複雑なアイテムでは無いです。)
けれども着物リメイク商品のブランディングが素晴らしいく上手い!!
自社のアイテムを世の中へ出すストーリーの上手さに感心しました。
私達のヒントにもなるようなオリジナルの方法で着物リメイクに取り組む同業者として
今後も敬意を持ちながら注視したい先が出来ました。
お客様に伝わるように「想い」をシンプルな商品で表現するという点では私達に近い
考え方ですし、「人に届ける」という事において何か重要か非常に勉強になります。
こういうお店との出会いや発見というのは本当に良い刺激になります。
着物リメイクという仕事をどう切り取るのか、どう訴求するのか、
その視点を変える事で可能性がまだまだ大きく広がりますね。
私達も私達のやり方で今後もいろいろと
新しい着物リメイクの取り組みをしたいと思います。
さて、今日はお客様に納品後に頂いたリメイクのご感想を紹介します。
blog_58.jpg
上のお葉書に登場する「プロの仕事」は帯リメイクのボストンバッグでした。
本来柄合わせにはならないのですが、元々大変美しい帯の柄を活かすために
私達は下の画像の様に柄を組み合わせてストーリーを作りました。
blog_56.jpg
継ぎの部分は本来の「柄合わせ」では無いので判りやすいですが、
船の部分を合わせる事で柄の流れを作りました。
肩紐のパット部分では船を覗く侍3人を配しました。
少し実験的なリメイクでしたが私達の着物リメイクの意図や想いが
お客様に届き本当に嬉しい仕事となりました。
柄が非常に良い帯でしたので最も美しくなるように考えて
挑戦的にリメイクさせて頂きました。

さて、着物リメイクをお考えの方にアドバイス!

着物や帯それぞれで制作の方法も異なりますので
一度お持ちのお着物や帯を見せていただければリメイクの助言をさせて頂きます。
>カナタツ商店に着物/帯を見せてアドバイスしてもらう<

私達カナタツ商店の強みは古い着物に対する知識です。
ご相談は今すぐ⇒096-285-6621まで
担当:小玉が電話の前でお待ちしています!!

2015年4月27日

着物リメイクのお店カナタツ商店


「その着物、リメイク前にきちんと生地を検証しましたか??」

多少の縫製の技術があれば専門店以外でも形にすることは出来るかもしれませんが、
長くご使用されるためには着物や帯の生地の検証が非常に重要です。
(タンスの中にしまいっぱなしの着物や
骨董市などで販売されている古い着物や帯には生地が弱くなっているものがあります)
長く使える着物リメイク商品を製作するためには必ずプロのアドバイスが必要です!

私達は古い着物/帯からのリメイクを専門に仕事をしています。
タンスの中に着物や帯が眠っている方はお気軽に今すぐご相談ください!

メールでのお問い合わせご注文はこちら

<44秒で分かる!!カナタツ商店の着物リメイクへの考え方♪>

何かお探しでしょうか