着物リメイクブログ@着物リメイク×帯リメイク制作実例

毎日綴るブログは自分自身の『バロメーター』のような
側面があると最近感じるようになりました。
疲れていたり、仕事に追われている時はアンテナの感度が鈍くてどう書き出すか迷います。
今日はまさに感度の鈍い疲れた日…orz
ゴールデンウィークに積み重なった疲れが出ているように感じます…
今夜は無理せず少しゆっくりとして英気を養いたいと思います。
さて今日は山口のお客様に納品させて頂いた製作実例を当ブログでご紹介します。
blog_71.jpg
この帯リメイク商品の特筆部分は上の通帳入れです。
蓋になっている部分で柄合わせをして製作させて頂きました。
残布不要という事でしたので仕上がりを優先して贅沢な柄の取り方をさせて頂いています。
また同時に着物リメイクのご相談も頂きました。
blog_72.jpg
この着物は縮緬生地で検証が非常に重要な素材でした。
着物リメイク商品全般に言える事ですが生地の検証を十分にせずに
リメイクをすると擦れて折角着物リメイクした商品も長く使えないという事になります。
着物リメイクと言うと作る事(縫製する事)のみに意識が行きがちですが、
私は着物生地の見極めの経験は縫製技術と同じくらい重要なスキルだと思います。
これは着物リメイク時のチェックポイントですよ。
作る人は作り方ばかりに気を捕らわれないでくださいね。

さて、着物リメイクをお考えの方にアドバイス!

着物や帯それぞれで制作の方法も異なりますので
一度お持ちのお着物や帯を見せていただければリメイクの助言をさせて頂きます。
>カナタツ商店に着物/帯を見せてアドバイスしてもらう<

私達カナタツ商店の強みは古い着物に対する知識です。
ご相談は今すぐ⇒096-285-6621まで
担当:小玉が電話の前でお待ちしています!!

2015年5月13日…明日からテンション上げて頑張ります!!

着物リメイクのお店カナタツ商店


「その着物、リメイク前にきちんと生地を検証しましたか??」

多少の縫製の技術があれば専門店以外でも形にすることは出来るかもしれませんが、
長くご使用されるためには着物や帯の生地の検証が非常に重要です。
(タンスの中にしまいっぱなしの着物や
骨董市などで販売されている古い着物や帯には生地が弱くなっているものがあります)
長く使える着物リメイク商品を製作するためには必ずプロのアドバイスが必要です!

私達は古い着物/帯からのリメイクを専門に仕事をしています。
タンスの中に着物や帯が眠っている方はお気軽に今すぐご相談ください!

メールでのお問い合わせご注文はこちら

<44秒で分かる!!カナタツ商店の着物リメイクへの考え方♪>

何かお探しでしょうか