着物リメイクブログ@創意工夫の源…お客様に想いを馳せて。

最近注目している着物リメイク店の考え方や取り組みが素敵だと思ったので、
当ブログで少し踏み込んでエールを送ろうかな…と思ったのですが、
担当:小玉はそろそろ月末モードに突入してバタバタしだしてきております…orz
ですので今日のブログの導入はあっさりとお客様に頂いたメールをご紹介いたします。
 
『…おかげさまで本日届きました。
どれもとても素敵に仕上がっており大変気に入りました。
ご尽力いただきありがとうございます。…』
このメッセージを下さったお客様に納品させて頂いた着物リメイクは以下の商品です。
blog_76.jpg
お茶道具を刺繍したクッションをメインに残布から巾着を製作させて頂きました。
上の画像は羽箒(はぼうき)、下の画像は見ての通り茶碗と茶筅が刺繍されています。
お茶柄の着物を見るとお茶と着物の結びつきを感じますし、
ご依頼主のお客様は茶道をなさっているのかな…と想像します。
リメイクする着物を通して私達も着物の持ち主の方に想いを馳せる事があります。
すると、この柄をどう活かすと喜んで頂けるか…と私達の創意工夫にも繋がります。
blog_75.jpg
今日ご紹介しているアイテム以外にもストールなども納品させて頂きました。
針孔などがありサイズのご希望サイズから微調整をさせて頂きましたが最終的には
お客様に冒頭のようなメールを頂きほっといたしました。

さて、着物リメイクをお考えの方にアドバイス!

着物や帯それぞれで制作の方法も異なりますので
一度お持ちのお着物や帯を見せていただければリメイクの助言をさせて頂きます。
>カナタツ商店に着物/帯を見せてアドバイスしてもらう<

私達カナタツ商店の強みは古い着物に対する知識です。
ご相談は今すぐ⇒096-285-6621まで
担当:小玉が電話の前でお待ちしています!!

2015年5月18日

着物リメイクのお店カナタツ商店


「その着物、リメイク前にきちんと生地を検証しましたか??」

多少の縫製の技術があれば専門店以外でも形にすることは出来るかもしれませんが、
長くご使用されるためには着物や帯の生地の検証が非常に重要です。
(タンスの中にしまいっぱなしの着物や
骨董市などで販売されている古い着物や帯には生地が弱くなっているものがあります)
長く使える着物リメイク商品を製作するためには必ずプロのアドバイスが必要です!

私達は古い着物/帯からのリメイクを専門に仕事をしています。
タンスの中に着物や帯が眠っている方はお気軽に今すぐご相談ください!

メールでのお問い合わせご注文はこちら

<44秒で分かる!!カナタツ商店の着物リメイクへの考え方♪>

何かお探しでしょうか