着物リメイクブログ@水に弱い正絹着物生地…着物リメイクフォロー術。其の壱。

遂に昨日九州北部は梅雨入りしました。
今日熊本は結構強い雨が降っていました。
正絹が多い着物は雨(水)との相性が全般的にあまり良くありません。
その弱点をフォローする技術等も開発されていますし、私達も利用しますが、
やはり基本的に着物は水にぬらさない方が良いように思います。
この辺の話もブログで書かないとな…と思いつつ
今日はお客様に着物リメイク商品を納品させて頂いた後に頂いた
メールからブログをスタートさせます。
お客様に納品させて頂いた着物リメイク商品は「日傘」と「別注ハンドバッグ」でした。
今日はそれぞれの商品を当ブログでご紹介します。
blog_71.jpg
日傘の製作にはお客様にある程度明確な柄のイメージがおありの様でしたので、
お客様のご意向を汲む事を意識して柄入れをさせて頂きました。
そもそもの柄が非常に優雅でしたのでとても素敵に仕上がったと思います。
尚、よくお問い合わせをいただきますが
当店の着物リメイク日傘は全てUVカット加工を行って納品させて頂いております。
続いてはお客様が持ち手をご用意くださって製作させて頂いたハンドバッグです。
お客様のご希望はご用意頂いた持ち手を使う事、着物生地にコーティングをする事、
内生地にご自身の長襦袢を使用することなどでしたので、
ご希望それぞれを落とし込んで製作させて頂きました。
blog_70.jpg
ブログ冒頭に正絹着物生地と水の相性の悪さを書きましたが
コーティングは一つの解決方法だと思います。
ただ、今回はお客様が手芸にご理解があったようで、
着物と持ち手の色が良く合っていて良かったですが、
「ご希望の持ち手」をお客様でご購入の上、
着物と一緒に同梱して頂くのは、あまりお勧めはしません。
というのは、着物リメイクに不向きな持ち手もありますのでご注意ください。
(生地を挟み込むタイプの持ち手等は不向きな事が多いです)
ご要望をお伝え頂ければ当店から取り寄せも可能です。
今回の着物リメイクの様にお客様のご希望に応じてのリメイクも出来ますよ♪

さて、着物リメイクをお考えの方にアドバイス!

着物や帯それぞれで制作の方法も異なりますので
一度お持ちのお着物や帯を見せていただければリメイクの助言をさせて頂きます。
>カナタツ商店に着物/帯を見せてアドバイスしてもらう<私達カナタツ商店の強みは古い着物に対する知識です。
ご相談は今すぐ⇒096-285-6621まで
担当:小玉が電話の前でお待ちしています!!

2015年6月3日

着物リメイクのお店カナタツ商店


「その着物、リメイク前にきちんと生地を検証しましたか??」

多少の縫製の技術があれば専門店以外でも形にすることは出来るかもしれませんが、
長くご使用されるためには着物や帯の生地の検証が非常に重要です。
(タンスの中にしまいっぱなしの着物や
骨董市などで販売されている古い着物や帯には生地が弱くなっているものがあります)
長く使える着物リメイク商品を製作するためには必ずプロのアドバイスが必要です!

私達は古い着物/帯からのリメイクを専門に仕事をしています。
タンスの中に着物や帯が眠っている方はお気軽に今すぐご相談ください!

メールでのお問い合わせご注文はこちら

<44秒で分かる!!カナタツ商店の着物リメイクへの考え方♪>

何かお探しでしょうか