着物リメイクブログ@お客様が着物リメイクを頼む理由&日傘リメイク制作実例

先日届いたお客様からのお着物…
その中に今回着物リメイクを出される想いを綴られた手紙が同梱されていました。
差し使いの無い一部分だけをご紹介します。
今回このお客様が着物リメイクに出されるきっかけは、
ご自身の入院治療前に、私達のお客様であったお姉さまから
私達の着物リメイクポーチをプレゼントされた事だったそうです。
そして退院後早速お申込みいただきました。
このお話を伺って着物リメイクを通じて、
このご家族のお役に立てたような気がしてとてもとても嬉しかったです。
「一枚の着物のリメイクを通じて家族の想いが還流する。」
こうして生の声を伺うと気持ちを新たにします。
今日は本当に嬉しかったこのお手紙から当ブログをスタートさせ、
制作実例では神奈川県と広島県のお客様に送らせて頂いた
着物リメイク日傘をご紹介させて頂きます。
blog_30.jpg
今回の2枚合わせの日傘2本+日傘ケース2点は
3枚の着物を活用する事で製作させて頂きました。
それぞれ別の場所にお住いのご姉妹に一本セットづつ製作させて頂き納品致しました。
形見分けの様な意味合いがある着物リメイクでは
このように別々の場所に納品させて頂く事も可能です。
(但し、各種条件がございますのでお申し込みの際にお問い合わせください)
blog_31.jpg
この2枚合わせの日傘はずいぶん昔から製作していてノウハウの蓄積は出来ています。
雑誌の取材があって、頻繁にブログに掲載するようになり注文が伸びてきている商品です。
想い出の着物のリメイクならば多少お金がかかっても…と思われる方も多いのですね。
ちなみに雑誌掲載時はこんな感じでした。
twitter.jpg
さて、着物リメイクをお考えの方にアドバイス!

着物や帯それぞれで制作の方法も異なりますので
一度お持ちのお着物や帯を見せていただければリメイクの助言をさせて頂きます。
>カナタツ商店に着物/帯を見せてアドバイスしてもらう<

私達カナタツ商店の強みは古い着物に対する知識です。
ご相談は今すぐ⇒096-285-6621まで
担当:小玉が電話の前でお待ちしています!!

2015年6月12日

着物リメイクのお店カナタツ商店


「その着物、リメイク前にきちんと生地を検証しましたか??」

多少の縫製の技術があれば専門店以外でも形にすることは出来るかもしれませんが、
長くご使用されるためには着物や帯の生地の検証が非常に重要です。
(タンスの中にしまいっぱなしの着物や
骨董市などで販売されている古い着物や帯には生地が弱くなっているものがあります)
長く使える着物リメイク商品を製作するためには必ずプロのアドバイスが必要です!

私達は古い着物/帯からのリメイクを専門に仕事をしています。
タンスの中に着物や帯が眠っている方はお気軽に今すぐご相談ください!

メールでのお問い合わせご注文はこちら

<44秒で分かる!!カナタツ商店の着物リメイクへの考え方♪>

何かお探しでしょうか