着物リメイクブログ@若い時に持たせてもらった嫁入り道具の着物…そのリメイク術

JUGEMテーマ:着物リメイク/古布リフォーム/裂き織り

今日のブログは納品後にリピーターのお客様に頂いた
嬉しいメールのご紹介からスタートさせて頂きます。
このリピーターのお客様に今回納品させて頂いたアイテムは以下の通りです。
blog_50.jpg
「テディベア」「日傘」「日傘ケース」なのですが、
今回特に思ったのは地模様だけの無地のお着物、または、色無地などでも、
テディベアは造形が可愛いので非常に好相性だという事です。
柄が入っていないだけに着物独得の生地の質感の良さも活きるしお勧めいたします。
また、地模様が入っているので日傘もさりげなくて良いですね。
前述の通りお客様にご満足頂けたようですが、
製作させて頂いた私達も良いリメイクだと思いました。
着物を持たせてくれたご両親の想いを受けて、
着る事の無い着物を無駄にすることなくリメイクして活用する…。
その時間を超えた親子の想いのやり取りには着物リメイクの本質を感じます。
(余談ですがこのリピーターのお客様のお着物はいづれも状態が良く、
 着る機会が無くともその着物を大事になさっていたのが伝わります。
 その事がとても素敵な事だと思います。)
頂いたメールから本当に良い仕事をさせて頂いたと思います。
blog_51.jpg

さて、着物リメイクをお考えの方にアドバイス!

着物や帯それぞれで制作の方法も異なりますので

一度お持ちのお着物や帯を見せていただければリメイクの助言をさせて頂きます。
>カナタツ商店に着物/帯を見せてアドバイスしてもらう<

私達カナタツ商店の強みは古い着物に対する知識です。
ご相談は今すぐ⇒096-285-6621まで
担当:小玉が電話の前でお待ちしています!!

2015年6月16日

着物リメイクのお店カナタツ商店


「その着物、リメイク前にきちんと生地を検証しましたか??」

多少の縫製の技術があれば専門店以外でも形にすることは出来るかもしれませんが、
長くご使用されるためには着物や帯の生地の検証が非常に重要です。
(タンスの中にしまいっぱなしの着物や
骨董市などで販売されている古い着物や帯には生地が弱くなっているものがあります)
長く使える着物リメイク商品を製作するためには必ずプロのアドバイスが必要です!

私達は古い着物/帯からのリメイクを専門に仕事をしています。
タンスの中に着物や帯が眠っている方はお気軽に今すぐご相談ください!

メールでのお問い合わせご注文はこちら

<44秒で分かる!!カナタツ商店の着物リメイクへの考え方♪>

何かお探しでしょうか