着物リメイクブログ@マル秘…カナタツ商店が着物リメイク研究の為に読んだ3冊・其の弐

アクセス数がしばらく非常に良かったので機会を見て続編を書きたい…と
づっと思っていたので今日は満を持してご紹介したいともいます。
 
(1)布のいのち
私が着物リメイク屋として影響を受けている堀切氏の著作の中でも名著だと思います。
着物・布を通してほんの少し昔の日本の市井の人々が描かれています。
この本は当ブログでも過去紹介したことがありますが、市井の人々が着物に込めた想い…
それはこの本に紹介される物語の主人公も、私達に着物リメイクを依頼されるお客様も、
今も、昔も、その本質は大きく変わらないように感じます。
その布の歴史を考え、寄り添うような姿勢を持って仕事に取り組みたい。
「お客様の想いを受け止める」…
着物リメイクへの私達の基本姿勢の支えになっている一冊です。
(2)創作市場【別冊】
着物リメイクの業界人にはお馴染みの一冊です。
私達の下積み時代は掲載される作家さんのお手伝いを何度させて頂いた事か…
久しく出版されていないと思いますが、
着物リメイクのおおきなうねりを作った沢山の作家さんが紹介されている雑誌です。
バックナンバーはほとんど揃えていると思います。
ちなみに、同じくマリア書房から出版されている
「緑青」(骨董・古美術の雑誌)も興味があるものが多く結構揃えています。
私は創作市場を通して近年の着物リメイクの潮流を見て、
着物リメイク作家のチャレンジ姿勢を学んでいます。
また、緑青を通して着物の周りにある日本の服飾の歴史を学んだように思います。
ちなみに緑青は興味ある分野の知識を入れたり調べ物をするときにも役に立ちますよ。
3、辻村寿三郎 作品集
作っている作品のクオリティ、製作への哲学、、、
辻村作品を見れば私は間違っても自分達の事を「作家」とは名乗れません…
着物リメイクにおいて創造的な「作家」というポジションを捨てて、
私達が創造性や独創性よりも「お客様のご要望を再現する」という
技術・知識を売るスタンスで独立をしたのは
辻村氏や自分達の師匠筋など才能に恵まれた方々の作品を見てきたからだと思います。
才能は持って生まれたものが大きいですが、技術や知識はその後の研鑽で補えますからね。
カナタツ商店では「作家」はお客様おひとりおひとりです。
様々なご要望をお伝えください。私達はそのご要望を忠実に再現する立場です。
このブログを書きながら「あの本」「この本」「その雑誌」と
自分が着物リメイク屋として今仕事をしてるのは
色々な書籍・文献などから影響を受けているなぁ…と再発見しています。
この記事が再び好アクセスを記録したら第3弾も書きます♪
さて、着物リメイクをお考えの方にアドバイス!

着物や帯それぞれで制作の方法も異なりますので
一度お持ちのお着物や帯を見せていただければリメイクの助言をさせて頂きます。
>カナタツ商店に着物/帯を見せてアドバイスしてもらう<

私達カナタツ商店の強みは古い着物に対する知識です。
ご相談は今すぐ⇒096-285-6621まで
担当:小玉が電話の前でお待ちしています!!

2015年6月19日

着物リメイクのお店カナタツ商店


「その着物、リメイク前にきちんと生地を検証しましたか??」

多少の縫製の技術があれば専門店以外でも形にすることは出来るかもしれませんが、
長くご使用されるためには着物や帯の生地の検証が非常に重要です。
(タンスの中にしまいっぱなしの着物や
骨董市などで販売されている古い着物や帯には生地が弱くなっているものがあります)
長く使える着物リメイク商品を製作するためには必ずプロのアドバイスが必要です!

私達は古い着物/帯からのリメイクを専門に仕事をしています。
タンスの中に着物や帯が眠っている方はお気軽に今すぐご相談ください!

メールでのお問い合わせご注文はこちら

<44秒で分かる!!カナタツ商店の着物リメイクへの考え方♪>

何かお探しでしょうか