着物リメイクブログ@半幅帯を活用しよう…リメイク制作実例

着物リメイクを長くしているととても素敵なお話に出会う事があります。
今日も帯のリメイクを通して素敵な物語に出会いました。
私達も初めてという事例でそのままテレビ番組や雑誌で取り上げることが出来るのでは…
と、思うほど心が温かくなるエピソードです。
このお客様に納品が終わったらそのお話をしたいと思います。
さて、今日は半幅帯をリメイクさせて頂いたのでその製作実例をご紹介いたします。
blog_92.jpg
半幅帯というのは文字通り幅の狭い帯です。
(なじみ深い所で言えば浴衣などに使う帯です)
着物リメイクにおいては袋帯や名古屋帯に比べて相談の多い帯では無いですが、
使うあてもなくタンスに保管されたまま…という事も少なくないようです。
blog_91.jpg
下のショルダーバッグは本来半幅帯では
必ず継ぎが必要になるので製作が難しいのですが、
過去のブログで紹介した方法でリメイクをさせて頂きました。
blog_90.jpg
半幅帯のアイデア次第では実に色々なアイテムに製作可能です。
リメイクの引き出しは沢山ありますのでお気軽にご相談下さい。

さて、着物リメイクをお考えの方にアドバイス!

着物や帯それぞれで制作の方法も異なりますので
一度お持ちのお着物や帯を見せていただければリメイクの助言をさせて頂きます。
>カナタツ商店に着物/帯を見せてアドバイスしてもらう<

私達カナタツ商店の強みは古い着物に対する知識です。
ご相談は今すぐ⇒096-285-6621まで
担当:小玉が電話の前でお待ちしています!!

2015年6月23日

着物リメイクのお店カナタツ商店


「その着物、リメイク前にきちんと生地を検証しましたか??」

多少の縫製の技術があれば専門店以外でも形にすることは出来るかもしれませんが、
長くご使用されるためには着物や帯の生地の検証が非常に重要です。
(タンスの中にしまいっぱなしの着物や
骨董市などで販売されている古い着物や帯には生地が弱くなっているものがあります)
長く使える着物リメイク商品を製作するためには必ずプロのアドバイスが必要です!

私達は古い着物/帯からのリメイクを専門に仕事をしています。
タンスの中に着物や帯が眠っている方はお気軽に今すぐご相談ください!

メールでのお問い合わせご注文はこちら

<44秒で分かる!!カナタツ商店の着物リメイクへの考え方♪>

何かお探しでしょうか