着物リメイクブログ@着物リメイクの様々な考え方で作ってみる。

今日は最近作った着物リメイク制作実例を一挙公開したいと思ったのですが、
時期的に日傘が多くてブログの絵がどうしても似るので、
予定変更で色々なアイテムの制作実例を一挙公開したいと思います。
色々な考え方や組み合わせの着物リメイクをご紹介するので
着物リメイクの可能性を感じて頂ければと思います。
例えば異素材と組み合わせる着物リメイクから考えてみましょう。
blog_61.jpg
上のハンドバッグは夏の茄子柄の名古屋帯を使って角に革を使っています。
皮革系の作家の人が帯生地を使ったり前掛けを使ったりの作品は
一時期よく見かけたように思います。
私達は着物リメイクが本業ですので逆にポイント的に皮革を使います。
こうした異素材の組み合わせがあると着物や帯のリメイクの雰囲気を
大きく変えるので私達は好きな方法です。
blog_77.jpg
続いて持ち手に凝ってバッグにリメイクするのも良いと思います。
手芸店などを覗くと面白いバッグの持ち手が沢山あります。
持ち手からイマジネーションを広げて帯や着物をリメイクするのも良いですよ。
上の画像も随分前に購入した持ち手で「どう使おうかな…」と考えていて、
上記のグラニーバッグを考えました。
私達はどうしても日頃は自社の定番品を作る事が多いのですが、
時々上のようにヒント(持ち手)から「創り出す」訓練をすることは
着物リメイク専門店として重要だと思います。
blog_75.jpg
グラニーバッグが着物生地の柔らかさを活かす着物リメイクならば
上記のハンドバッグはかっちりと仕上げています。
画像でも生地がビニールの様になっているのがお分かりいただけると思いますが、
コーティングを行って製作しています。
柔らかさを活かすリメイク、きっちりと仕上がるリメイク、
生地の状態に応じて柔軟に色々な手法を取り入れたり組み合わせたり
作り方を変えたりすることでより良いリメイクになると思います。
生地を見てリメイクの方向を考えるのが私達の仕事ですのでお気軽にご相談下さい。
blog_77.jpg
上の画像はアンサンブル(羽織・白…日傘の内側/着物・ピンク…日傘の外側)を
活用してリメイクさせて頂いた日傘です。
着物として一般的なアンサンブルでは無いですが、
ごくごく稀に色違いの着物とか、
上記のようなアンサンブルのリメイクのご相談がありますので、
このような着物をお持ちでしたらこのように1本の日傘にまとめるのも一つの手法です。
blog_78.jpg
上は現在当店でレギュラー販売に向けて煮詰めているポーチです。
まずデザインが可愛いですし、
少しサイズダウンして数珠入れ的にしても良いな…と思っています。
着物リメイクを初めてトライ(注文でも、趣味で作る場合でも)するときは、
こういう小物からですと取り掛かりやすいと思いますよ。
さて、着物リメイクをお考えの方にアドバイス!

着物や帯それぞれで制作の方法も異なりますので
一度お持ちのお着物や帯を見せていただければリメイクの助言をさせて頂きます。
>カナタツ商店に着物/帯を見せてアドバイスしてもらう<

私達カナタツ商店の強みは古い着物に対する知識です。
ご相談は今すぐ⇒096-285-6621まで
担当:小玉が電話の前でお待ちしています!!

2015年7月16日

着物リメイクのお店カナタツ商店


「その着物、リメイク前にきちんと生地を検証しましたか??」

多少の縫製の技術があれば専門店以外でも形にすることは出来るかもしれませんが、
長くご使用されるためには着物や帯の生地の検証が非常に重要です。
(タンスの中にしまいっぱなしの着物や
骨董市などで販売されている古い着物や帯には生地が弱くなっているものがあります)
長く使える着物リメイク商品を製作するためには必ずプロのアドバイスが必要です!

私達は古い着物/帯からのリメイクを専門に仕事をしています。
タンスの中に着物や帯が眠っている方はお気軽に今すぐご相談ください!

メールでのお問い合わせご注文はこちら

<44秒で分かる!!カナタツ商店の着物リメイクへの考え方♪>

何かお探しでしょうか