着物リメイクブログ@「とても幸せな気持ちでいっぱい」…そんな着物リメイクはコレ

又吉さんの「火花」…芥川賞受賞しましたね。
沢山の本を読んで咀嚼して自分のものにして
新しい表現や世界を構築しているその才能は素晴らしいと思います。
沢山の先人の作品や知恵に触れる、そして、それを自分なりに咀嚼して
自分のオリジナルを生み出していくという事は着物リメイクも同様だと思います。
自分自身が日本の服飾文化の文脈の中で着物リメイクをどう考えているのか、
どういう哲学や想いを持って取り組んでいるのか、
そして、どのような商品を世の中に出していくのか、
学びの中で生み出そうと取り組む姿勢はすごく大事だと考えるのです。
どう取り繕っても付け焼刃や浅薄さは見抜かれますからね。
さて、今日のブログでは子ども用のお着物のリメイクの制作実例をご紹介いたします。
blog_3.jpg
納品後に頂いた着物リメイクのご感想はこちらです。
blog_1.gif
『今日、商品を受け取りました!!
  今回、リメイクをお願いした着物は私が産まれてから私の娘の七五三まで使用し、
 その後十年位ずっとタンスの中に眠っていたものです。 
 シミ、黄ばみなど酷かったので、リメイクをして頂けるのか心配でしたが、
 娘も私も商品を見たときに「すごーい!!」っと一緒に言っていました。 
 とてもキレイで着物の柄をすごく上手に使って頂き有難うございました!! 
 娘が社会人になったら通帳入れと印鑑ケースをセットで渡そうと思っています。
  とても幸せな気持ちでいっぱいです。』
blog_2.jpg
…「とても幸せな気持ちでいっぱいです」
このご感想を頂いて私達も「とても幸せな気持ちでいっぱい」になりました。
こういって頂けるのは本当に嬉しいです。
文中にありますが多少のシミや黄ばみは柄の取り方で回避が出来ます。
過去様々な着物のリメイクをしていますので経験はありますので、
箪笥の中にそんな着物がある方はお気軽にご相談下さい。
今回のお客様の様に未来の娘さんへのプレゼントって素敵ですね…

blog_4.jpg

かなり書き込んで変なボタンを押して記事が消えました…orz
けど、今日ご紹介しているメールは本当に嬉しくて再度書き直す気力が出ました。

さて、着物リメイクをお考えの方にアドバイス!

着物や帯それぞれで制作の方法も異なりますので
一度お持ちのお着物や帯を見せていただければリメイクの助言をさせて頂きます。
>カナタツ商店に着物/帯を見せてアドバイスしてもらう<

私達カナタツ商店の強みは古い着物に対する知識です。
ご相談は今すぐ⇒096-285-6621まで
担当:小玉が電話の前でお待ちしています!!

2015年7月17日

着物リメイクのお店カナタツ商店


「その着物、リメイク前にきちんと生地を検証しましたか??」

多少の縫製の技術があれば専門店以外でも形にすることは出来るかもしれませんが、
長くご使用されるためには着物や帯の生地の検証が非常に重要です。
(タンスの中にしまいっぱなしの着物や
骨董市などで販売されている古い着物や帯には生地が弱くなっているものがあります)
長く使える着物リメイク商品を製作するためには必ずプロのアドバイスが必要です!

私達は古い着物/帯からのリメイクを専門に仕事をしています。
タンスの中に着物や帯が眠っている方はお気軽に今すぐご相談ください!

メールでのお問い合わせご注文はこちら

<44秒で分かる!!カナタツ商店の着物リメイクへの考え方♪>

何かお探しでしょうか