着物リメイクブログ@ブログタイトル「着物リメイク達人への道」の由来

最近着物リメイクの本を数冊読んだのですが、
洋服類は本当にオシャレになっていると同時によく考えられていますね。
私達も当ブログで良く綴りますが、
どの先生も「反物幅」という事を意識して型紙を作っていらっしゃいます。
着物や帯からリメイクをする以上避けては通れない「反物幅」…
その部分を頭に入れて「着物ありき」「帯ありき」でリメイクを考える。
古布ブームが起きて色々な着物リメイクの作家や方法が出てきて、
結局落ち着くところに落ち着きつつあるような気がします。
私達はホームページやブログから色々な発信・主張をしていますが、
着物リメイクの方法論としては「着物ありき」「帯ありき」という出発点から
着物や帯の適性に応じたリメイク考える事、そして、そのアイデアを実現する為に
技術と経験を尽くす事が非常に重要だと思っています。
さて今日はお客様に言頂いた着物リメイクのご感想でブログを綴りたいと思います。
blog_3.jpg
遂にバレました…(笑)
このブログタイトル「着物リメイク達人への道」は私の名前「達人」と掛けていた事…
お客様に指摘されたのは初めてでしたのでとてもうれしいです。
blog_1.jpg
続いては山梨のリピーターのお客様に頂いたご感想です。
リピーターの方に「イメージ通り」と言って頂けるとホッとします。
今回はお客様に明確なイメージがあり、それを再現するように作れば良かったので
作りやすかったですが、クッションも色々な作り方がありますのでお気軽にご相談下さい。
blog_2.jpg
初めてのお客様からは「イメージ以上」の評価を頂きました。
こちらのお客様のお着物は生地の劣化等が散見しましたので、
その部分を外したりフォローしたりの仕事となりましたが、
心を込めて私達の持てる経験と技術をつぎ込んで製作させて頂きましたので、
良い評価を頂きましてホッとしました。
今日は納品後お客様に頂いたご感想を紹介しました。
現在着物リメイクをお考えの方は是非参考になさって下さい。
さて、着物リメイクをお考えの方にアドバイス!

着物や帯それぞれで制作の方法も異なりますので
一度お持ちのお着物や帯を見せていただければリメイクの助言をさせて頂きます。
>カナタツ商店に着物/帯を見せてアドバイスしてもらう<

私達カナタツ商店の強みは古い着物に対する知識です。
ご相談は今すぐ⇒096-285-6621まで
担当:小玉が電話の前でお待ちしています!!

2015年7月23日

着物リメイクのお店カナタツ商店


「その着物、リメイク前にきちんと生地を検証しましたか??」

多少の縫製の技術があれば専門店以外でも形にすることは出来るかもしれませんが、
長くご使用されるためには着物や帯の生地の検証が非常に重要です。
(タンスの中にしまいっぱなしの着物や
骨董市などで販売されている古い着物や帯には生地が弱くなっているものがあります)
長く使える着物リメイク商品を製作するためには必ずプロのアドバイスが必要です!

私達は古い着物/帯からのリメイクを専門に仕事をしています。
タンスの中に着物や帯が眠っている方はお気軽に今すぐご相談ください!

メールでのお問い合わせご注文はこちら

<44秒で分かる!!カナタツ商店の着物リメイクへの考え方♪>

何かお探しでしょうか