着物リメイクブログ@昨日臨時休業しましたので制作実例一挙公開します。

昨日は熊本地方に台風直撃で『臨時休業』をさせて頂き大変失礼いたしました。
事務所や作業場が心配で暴風雨の中いつもよりも早く出社したら目が点に…
屋根の一部が飛んできたようで事務所の窓ガラスが割れて散乱していました…orz
早急に風雨だけは凌ぐために事務所にあるもので窓ガラスを塞ぐべく
四苦八苦するのですがガラスの散乱する室内で不十分な道具と本当に強い風雨で
一人ではどうにもならずカナコさんに自宅のインパクトドライバーを依頼。
大急ぎ駆けつけたカナコさんの到着で何とか割れた窓の部分を塞げました。
おそらく私の出社の直前にガラスは割れていたようで室内はガラスの散乱以外は
ひどく濡れていたり、ひどく荒れていたりは無かったですが、
室内の端から端までと大きなガラスの破片が散らかっている様子を見ると、
もし、事務所にいたらと思うとゾッとします。
その後も断続的に停電しているし、室内の片づけと、
応急処置をした窓もきちんと業者が直すまで数日かかると判断して
コンパネをはめ込んできっちりなおしたりと全く仕事にならないので
昨日は臨時休業とさせていただきました。
今は割れた窓部分はガラス屋さんが来るまではコンパネでガチガチに
塞がれていますので台風前よりも頑丈になっています(笑)
今日は2日分の仕事をアップアップしながらしていますので
今まで撮り貯めている着物リメイク、帯リメイクの製作実例を一挙ご紹介させて頂きます。
blog_5.jpg
blog_7.jpg
blog_4.jpg
blog_6.jpg
blog_8.jpg
blog_10.jpg
blog_9.jpg
さて、着物リメイクをお考えの方にアドバイス!

着物や帯それぞれで制作の方法も異なりますので
一度お持ちのお着物や帯を見せていただければリメイクの助言をさせて頂きます。
>カナタツ商店に着物/帯を見せてアドバイスしてもらう<

私達カナタツ商店の強みは古い着物に対する知識です。
ご相談は今すぐ⇒096-285-6621まで
担当:小玉が電話の前でお待ちしています!!

2015年8月26日

着物リメイクのお店カナタツ商店


「その着物、リメイク前にきちんと生地を検証しましたか??」

多少の縫製の技術があれば専門店以外でも形にすることは出来るかもしれませんが、
長くご使用されるためには着物や帯の生地の検証が非常に重要です。
(タンスの中にしまいっぱなしの着物や
骨董市などで販売されている古い着物や帯には生地が弱くなっているものがあります)
長く使える着物リメイク商品を製作するためには必ずプロのアドバイスが必要です!

私達は古い着物/帯からのリメイクを専門に仕事をしています。
タンスの中に着物や帯が眠っている方はお気軽に今すぐご相談ください!

メールでのお問い合わせご注文はこちら

<44秒で分かる!!カナタツ商店の着物リメイクへの考え方♪>

何かお探しでしょうか