着物リメイクブログ@残布を活かして…着物1枚無駄なくリメイク

「着物1枚を無駄無く…」
このリクエストは当店でリメイクのご相談をなさるお客様から多いです。
この場合普段作り慣れたアイテムですとある程度の精度で
リメイク後の生地の残量は読めるのですが、
普段作っていないアイテムですと、少し余力を持って計算をします。
今日ご紹介させて頂くお客様も第一弾ではお客様からサンプルをお借りしてのジャケット
(結構複雑なデザインでしたので生地の残量が読みにくかったです)
とがま口を数点リメイクさせて頂き、その残布から第二弾として
ポーチ、ガマグチポシェット、ハンドバッグを製作させて頂きました。
上の画像は柄部分を活かすために両端に無地を組み合わせました。
この柄部分は衽の部分になります。
衽の部分の良い柄などはこのような方法を使うとかなり幅広いリメイクが可能になります。
第一弾はお客様のご要望を落とし込んでお好きなアイテムをリメイク、
そして第二弾で残った生地分量から逆算して製作可能なアイテムを
お客様に御提案して選択してい頂く…
『2段階の着物リメイク』
これは1枚の着物を完成高くリメイクする為の方法の一つだと思います。
想い出のあるお着物から無駄のないリメイクをお考えの方は是非ご検討ください。
※一番大きく残った柄部分はそのサイズをそのまま生かしてハンドバッグにしました。

さて、着物リメイクをお考えの方にアドバイス!

着物や帯それぞれで制作の方法も異なりますので
一度お持ちのお着物や帯を見せていただければリメイクの助言をさせて頂きます。
>カナタツ商店に着物/帯を見せてアドバイスしてもらう<

私達カナタツ商店の強みは古い着物に対する知識です。
ご相談は今すぐ⇒096-285-6621まで
担当:小玉が電話の前でお待ちしています!!

2015年9月7日

着物リメイクのお店カナタツ商店


「その着物、リメイク前にきちんと生地を検証しましたか??」

多少の縫製の技術があれば専門店以外でも形にすることは出来るかもしれませんが、
長くご使用されるためには着物や帯の生地の検証が非常に重要です。
(タンスの中にしまいっぱなしの着物や
骨董市などで販売されている古い着物や帯には生地が弱くなっているものがあります)
長く使える着物リメイク商品を製作するためには必ずプロのアドバイスが必要です!

私達は古い着物/帯からのリメイクを専門に仕事をしています。
タンスの中に着物や帯が眠っている方はお気軽に今すぐご相談ください!

メールでのお問い合わせご注文はこちら

<44秒で分かる!!カナタツ商店の着物リメイクへの考え方♪>

何かお探しでしょうか