着物リメイクブログ@帯を無駄なくリメイクするなら…

先日は熊本市内の支援機関各所を訪問してきました。
中小企業の為の様々なオフィシャルな機関があることは知っていましたが
それぞれ具体的にどんな事を行っているかを知らなかったので色々勉強になりました。
私達の仕事で言えば(どんな仕事もそうですが)、
同業者からのしょうもないバッシングや
露骨なホームページの作り方やキャッチコピーのパクリなど
相手にしないのが一番だと思いながらも、
自衛するべきポイントはしておかないと…と、すぐに対応出来る事がありましたし、
やろうと思えば当方からもかなりえげつない反撃が出来る事も判りました。
ただ、私達が向き合うべきはお客様それぞれですので、
知識は知識として支援機関などがどうであろうとあんまり振り回される事無く
自分達の仕事をいままでと同じように取り組む事が一番大事ですが。
さて、今日のブログでは無駄のない帯リメイクの制作実例をご紹介いたします。

今日ご紹介させて頂いている帯リメイクの商品一式届いた際にお客様から
お電話を頂いたのですが約3分にわたる絶賛のお言葉の嵐…
本当に嬉しい限りです。
納品させて頂いた商品は
別注のハンドバッグ
 (1枚目の画像:お客様のリクエストで革製の持ち手を使っています)
別注がま口ポシェット
 (2枚目の画像: お客様のリクエストで120センチの肩紐
  +38センチの共布の持ち手を取り換えが出来るように製作しています)
別注タペストリー
 (3枚目・4枚目の画像: お客様のリクエストでタッセル(房)をつけています)
等の全6点でした。
タペストリーのサイズを調整する事で帯生地を目一杯使用して
2本の帯を文字通り無駄なくリメイクさせて頂きました。
アイテム毎にはお客様の細かいご要望がありましたが
それに応える事で形にしていきました。
それぞれ別注ではありましたが、だからと言って初めての製作では無く、
今までの経験や蓄積が活きた仕事となりました。
ホームページに掲載されているアイテムのみならず
別注の商品も色々製作していますので是非お気軽にご相談下さい。
(毎日の仕事は当ブログに掲載するようにしていますのでご参考になさって下さい)
さて、着物リメイクをお考えの方にアドバイス!
着物や帯それぞれで制作の方法も異なりますので
一度お持ちのお着物や帯を見せていただければリメイクの助言をさせて頂きます。
>カナタツ商店に着物/帯を見せてアドバイスしてもらう<

私達カナタツ商店の強みは古い着物に対する知識です。
ご相談は今すぐ⇒096-285-6621まで
担当:小玉が電話の前でお待ちしています!!

2015年10月26日

着物リメイクのお店カナタツ商店


「その着物、リメイク前にきちんと生地を検証しましたか??」

多少の縫製の技術があれば専門店以外でも形にすることは出来るかもしれませんが、
長くご使用されるためには着物や帯の生地の検証が非常に重要です。
(タンスの中にしまいっぱなしの着物や
骨董市などで販売されている古い着物や帯には生地が弱くなっているものがあります)
長く使える着物リメイク商品を製作するためには必ずプロのアドバイスが必要です!

私達は古い着物/帯からのリメイクを専門に仕事をしています。
タンスの中に着物や帯が眠っている方はお気軽に今すぐご相談ください!

メールでのお問い合わせご注文はこちら

<44秒で分かる!!カナタツ商店の着物リメイクへの考え方♪>

何かお探しでしょうか