着物ハギレから作ったグラニーバッグ、他

今日のブログは着物のハギレを活用した
ポーチ、ショルダーバッグ、別注のグラニーバッグの制作実例と
お客様に頂いたご感想をご紹介したいと思います。
着物1枚が無くとも、例えば振袖の袖を切った残布などハギレ各種からの
リメイクに応用が出来る製作実例です。
納品後お客様に頂いたメールは以下の通りになります。
(以下、略)
ポーチやショルダーバッグは場数を踏んでいますし、
当店のレギュラーで取り扱っているアイテムですので製作上の問題はさほど無いのですが、
この別注のグラニーバッグは試作で作った時の持ち手がメーカー欠品で
20150515_1358017.jpg←(試作)
持ち手を差し替えたことで作り方が大きく変わって結構苦労をしましたが
くるみ釦の作り方や見えない部分の工夫、配色など、
当店が細かくこだわる部分へ評価頂けた事で本当に嬉しかったです。
心を砕いた仕事はお客様に伝わるという事を信じて
今日も明日も着物リメイクに取り組みたいと思います。

さて、着物リメイクをお考えの方にアドバイス!

着物や帯それぞれで制作の方法も異なりますので
一度お持ちのお着物や帯を見せていただければリメイクの助言をさせて頂きます。
>カナタツ商店に着物/帯を見せてアドバイスしてもらう<私達カナタツ商店の強みは古い着物に対する知識です。
ご相談は今すぐ⇒096-285-6621まで
担当:小玉が電話の前でお待ちしています!!

2015年12月21日

着物リメイクのお店カナタツ商店


「その着物、リメイク前にきちんと生地を検証しましたか??」

多少の縫製の技術があれば専門店以外でも形にすることは出来るかもしれませんが、
長くご使用されるためには着物や帯の生地の検証が非常に重要です。
(タンスの中にしまいっぱなしの着物や
骨董市などで販売されている古い着物や帯には生地が弱くなっているものがあります)
長く使える着物リメイク商品を製作するためには必ずプロのアドバイスが必要です!

私達は古い着物/帯からのリメイクを専門に仕事をしています。
タンスの中に着物や帯が眠っている方はお気軽に今すぐご相談ください!

メールでのお問い合わせご注文はこちら

<44秒で分かる!!カナタツ商店の着物リメイクへの考え方♪>

何かお探しでしょうか