着物リメイクブログ@生命の循環の中で受け継ぐ想い…打掛リメイクを通して

今年の年末年始、私は東京で過ごしたのは昨日のブログの通り。
その最大の理由は他界した私の祖父の墓参りでした。
私にとっては懐かしい川沿いの道を
初めてその場所に訪れた子どもと歩きながら祖父の在りし日の事を思い出しました。
沈みゆく夕日を背にした帰り道、
何十年前にも自分はこの道を祖父と歩いていると思うと
この正月に自分が同じ場所、同じ風景の中を子どもと歩く事で
繰り返してゆく命や家族、繋がりというものを感じずにはいられませんでした。
そして、東京旅行ついでに。と、その後見たのは劇団四季の「ライオンキング」。
そもそもミュージカルなどの観劇に興味が無く無粋な田舎者ですし、
あまり予備知識を入れずに見たのですが
物語のテーマは「生命の循環(サークルオブライフ)」。
さすがの人気演目のエンターテイメントとしての完成度に度肝を抜かれつつ、
今回私が東京を訪れた趣旨にあまりに沿っていて胸に深く刺さりました。
私もまた大きな大きな生命の循環の一部となっていることに気が付きますし、
だからこそ、私と祖父の繋がりを子どもと私の父との間でも感じてほしいと思うし、
もちろん自分との間でも感じてほしいと思います。
大きな繋がりの中で生かされているこの命の尊さを理解する子になって欲しいです。
そして、今日ブログでご紹介しているリメイクの制作実例も
そんな生命の循環や家族の繋がりを強く感じるご依頼でした。
メインのご相談はご自身がお召しになった打掛から、
生まれくる赤ちゃんとお宮参りをする為の
初めて晴れ着ともいえる特別なおくるみの製作をさせて頂きました。
お客様には「自分の打掛からおくるみを作る」という
非常に明確な想いがありましたので、そのお気持ちに沿うように
私達の出来る事をしようという事で裏生地(赤ちゃんに触れる部分)は
通常当店の在庫にあるものでは無く柔らかい物を選び製作させて頂きました。
そして、赤ちゃんが使うという事で気持ち的に
最終チェックをいつもよりも1回多くしたり(笑)。
以下、お客様のご許可を頂いているのでメール内容の全文を掲載いたします。
『お世話になっております。

 本日商品受け取りました。
 年内に受け取れるとは思っておりませんでした。
 早めの制作、感謝いたします。

 おくるみは上質な生地をお選びいただき、誠にありがとうございました。
 とても素敵な仕上がりに、大満足です。
 間もなく産まれてくる赤ちゃんも、お腹の中で喜んでいると思います。

 他のリメイク商品も、イメージ以上に素晴らしい出来上がりでした。
 親戚に配る予定の物も、きっと気に入ってもらえると思います。

 この度は、家族の絆としてのリメイク品の制作を、御社に依頼して大正解でした。
 本当にどうもありがとうございました。
 また機会がありましたら、よろしくお願いいたします。

 では、良いお年をお迎えください。』
さて、着物リメイクをお考えの方にアドバイス!

着物や帯それぞれで制作の方法も異なりますので
一度お持ちのお着物や帯を見せていただければリメイクの助言をさせて頂きます。

私達カナタツ商店の強みは古い着物に対する知識です。
ご相談は今すぐ⇒096-285-6621まで
担当:小玉が電話の前でお待ちしています!!

2016年1月8日…次のブログは12日の予定で書きます!
着物リメイクのお店カナタツ商店


「その着物、リメイク前にきちんと生地を検証しましたか??」

多少の縫製の技術があれば専門店以外でも形にすることは出来るかもしれませんが、
長くご使用されるためには着物や帯の生地の検証が非常に重要です。
(タンスの中にしまいっぱなしの着物や
骨董市などで販売されている古い着物や帯には生地が弱くなっているものがあります)
長く使える着物リメイク商品を製作するためには必ずプロのアドバイスが必要です!

私達は古い着物/帯からのリメイクを専門に仕事をしています。
タンスの中に着物や帯が眠っている方はお気軽に今すぐご相談ください!

メールでのお問い合わせご注文はこちら

<44秒で分かる!!カナタツ商店の着物リメイクへの考え方♪>

何かお探しでしょうか