知ってる?人々の針仕事と着物リメイクの話

着物リメイクを生業にして各年代の着物や帯を毎日毎日見ていると実に沢山の縫いのバリエーションというか意匠を見ます。
その中で代表的な縫い仕事では刺し子、そして、背守り、付け紐飾りが挙げられると思います。
市井の人々の願いや創造の喜びが垣間見れるそれらの意味を理解する事でそのような着物が巡り巡って、私達着物リメイク店に託されるとその歴史や想いの「重さ」を感じます。

例えば子ども用の着物の付け紐飾りで良く見られる意匠は「麻の葉」、もしくは、「輪鼓」と呼ばれる独楽ような柄です。(下の画像は実際にお客様にお預かりした子ども用の着物の付け紐飾りの「輪鼓柄」一例。今日のブログではなぜこのように面倒な刺繍が施されているかが、ご理解頂けると思います。)

着物リメイク屋としての知識としてなぜこの柄が子ども用の着物の付け紐飾りではよく見るのか。
直線的で縫いやすい反面、【「目」の多さ】という事もきちんと理解すべきです。
(参考記事:着物リメイクで知っておくべき呉服の知識

服飾文化や民俗学的な側面から日本を考えれば、人間の英知を超えた自然界から「目」に大いなる力を感じ、この力にあやかって持って身を守る。という事を伝統的に引きついでいる事が判ります。
例えば今でも田畑の鳥よけには弓道の的のような「目玉」の形の風船を浮かべますし、自然界に目を向ければ鳥に食べられないように目玉模様を持った虫もいます。
自然に敬意を払う日本的な文化において動物が恐れる「目」(眼力)には魔除けの力が宿っていると考えるのはとても自然な事です。
おそらく目の力から転じて「縫い目」にも力があるとされ服飾では刺し子、背守り、と市井の人々の針仕事には非常に「縫い目」の多いものを見る事が出来るます。
知識としてなぜ付け紐飾りや背守りの意匠が凝っているのか、という事を学べば、着物リメイクを通してそのような仕事に多々出会えるのは非常に嬉しい喜びに変わります。

例えば親が子供を想い、背守や付け紐を縫う。時代的には家庭内の仕事だったろうと思います。
その着物が時と世代を超えて自分の子ども時代の着物を次の世代に引き継ぐためにリメイクに出される。
結局生活様式に合わせて「方法」が変わっただけで、その根底にある「想い」には何の変化も無いのです。

そもそも着物は世代間を引き継ぐことを想定されていました。
皆様、着物の反物をイメージして下さい。
着物というのは直線的に仕立てられているためにほどけば元の反物になるのです。
元に戻るという事は新たに仕立てをすることが出来ます。
だからこそ体形が異なっても世代間で受け継ぐことが出来るのです。形見分けとして受け継がれてきたのです。
(今私達が行っている着物リメイクは「着物」→「着物」の引継ぎが「着物」→「現代の生活様式に合わせた商品」に変わっただけにすぎません。)
その繋がる想いを理解する事、共感する事、それが着物リメイク店に最も必要な能力のような気がします。

なお、本日のブログでは富山のお客様の事例を貼らせて頂きました。テディベアにはお客様のリクエストで「19」の数字を入れさせていただきました。別注のリクエストもお気軽にご相談下さい。


さて、「着物リメイクの事聞きたいけど…」「料金は?」「納期は?」とご不明な点がある方はお気軽に以下のフォームよりお問い合わせ下さい。
通常でしたら12時間以内に返信させて頂いております。

メールでお問い合わせ

また、「取りあえず着物リメイクの事を知りたいな…」という方や「おばあちゃんはパソコン無理だし…」という方、等々…
無料でカタログを送らせて頂いていますので以下のフォームよりお申込み下さい!
着物リメイクカタログ

何かお探しでしょうか