着物リメイクのグラニーバッグとメガネケース実例

ゴールデンウィーク中は当ブログをお休みしていましたが皆様はいかがお過ごしでしょうか。
連休中に少し緩んだネジを締めなおして気持ちのスイッチを入れ直して、いつものように着物リメイクのご紹介をさせて頂きます。
今日ご紹介させて頂くお客様は埼玉のお客様です。

上の画像のメガネケースは「銘仙」で制作させて頂きました。
銘仙を辿ると本来は農家自家製のいわゆる屑糸が用いられていたそうです。
その後織機も手機から動力織機に代わり、銘仙本来の柄であった無地縞から柄の種類も豊富になって、大衆衣料の花形と成長しました。
私達も銘仙のご相談は多いです。その多彩な柄は作り手としても非常に楽しみです。

下の別注のグラニーバッグは別注で製作させて頂きました。

サイズは幅:約38センチ×高さ:約33センチです。
但し、持ち手は別注での取り寄せとなりますので持ち手に応じてサイズの微調整を行う事があります。
今回は閉じ口は「釦×ループ」で製作いたしました。
(ちなみに内ポケットは一か所)

カナタツ商店の着物リメイクに興味を持たれた方は是非一度リメイクをお考えのお着物や帯を見せて下さい。
現物を拝見しながらですと非常にスムースに打ち合わせが出来ます!


「着物リメイクの事聞きたいけど…」「料金は?」「納期は?」とご不明な点がある方はお気軽に以下のフォームよりお問い合わせ下さい。
通常でしたら12時間以内に返信させて頂いております。とにかく出来る限り迅速に対応します。
メールでお問い合わせ

「取りあえず着物リメイクの事を知りたいな…」という方や「おばあちゃんはパソコン無理だし…」という方、等々…
無料でカタログを送らせて頂いていますので以下のフォームよりお申込み下さい!
着物リメイクカタログ

【一番の人気ページのご紹介】
バッグ制作を検討の方は参考になると思いますので是非ご覧ください

何かお探しでしょうか