着物リメイク日傘…制作上の注意点

着物リメイクの日傘を作る時の最大のポイントは生地を見極めるという事です。
まず製作以前のこの第一歩がとても重要です。

単純なイメージでも日傘と言うのは生地を「ピンっ!」と張る必要がありますので強い張力を要する事を思い浮かべる事が出来ると思います。
一方タンスに眠ったままのお着物と言うのは保存状態によって生地の状態にとても大きな幅があります。その為、私達も着物リメイクで日傘をつくる時は非常に慎重に検討をします。

想い出のあるお着物をリメイクするのですから、この着物生地の見極めや検証という工程はぜひとも重要視して下さい。

着物リメイクと言うと作る事(縫製する事)のみに意識が行きがちですが、私は着物生地の見極めの経験は縫製技術と同じくらい重要なスキルだと思います。

着物リメイク日傘を製作するための着物生地に関して言及するなら、前述の通り日傘には強い張力がかかるので、種類でカテゴリーを分けるならば絞り、縮緬など着物生地の中でも収縮があるものは避けた方が無難です。
また、生地の見極めに自信が無いなら大島紬や銘仙なども使わない方が良いと思います。個人的には経年劣化の度合いが大きい着物の印象を持っていますので「裂ける」という視点でよくよく検証する必要があります。

リメイク用生地の張力への見極めと縫製の技術が伴わないと日傘の骨組みに十分なテンションがかからず仕上がりの少し悪い日傘になります。

その程度ならまだよいですが逆に、生地の傷みなどに対する理解(物理的なキズなどでは無く劣化に関して)が無くやみくもに着物リメイク日傘を作ってしまうと生地が破ける、裂けるなども起こります。

さて、本日は着物リメイク日傘に関してでしたが、カナタツ商店の着物リメイクに興味を持たれた方は是非一度リメイクをお考えのお着物や帯を見せて下さい。 現物を拝見しながらですと非常にスムースに打ち合わせが出来ます!


「着物リメイクの事聞きたいけど…」「料金は?」「納期は?」とご不明な点がある方はお気軽に以下のフォームよりお問い合わせ下さい。
普通は12時間以内に返信させて頂いております。とにかく出来る限り迅速に対応します。
メールでお問い合わせ

「取りあえず着物リメイクの事を知りたいな…」という方や「おばあちゃんはパソコン無理だし…」という方、等々…
無料でカタログを送らせて頂いていますので以下のフォームよりお申込み下さい!
着物リメイクカタログ

【一番の人気ページのご紹介】
バッグ制作を検討の方は以下のリンク先を是非ご覧ください

何かお探しでしょうか