着物リメイクブログ@帯リメイクのショルダーバッグの作り方

JUGEMテーマ:着物リメイク/古布リフォーム/裂き織り
今日は日曜日前で明日ブログを休みますので少し特別編で着物リメイクにおける
思考法というか重要視しなければならないポイントを綴りたいと思います。
着物リメイクでもっとも大事な事は何でしょうか?
縫製力ももちろん重要なのですが、それ以上に私が重要視しているのは
「生地を見極める」という点です。
例え完璧な縫製で完璧な仕上がりをした洋服やバッグでも
生地の見極めが出来ておらず、数回の着用、使用で破れたりしたら目も当てられません。
古い着物生地や帯で起こりうるこの問題の回避こそが着物リメイクの第一関門です。
この部分を言葉で説明するのはとても難しい。
けど、せっかくブログを見て下さっている方にお土産としてお伝えするならば
「軋む感じ」のする生地は着物や帯問わずリメイクには慎重になって下さい。
この軋むイメージの着物生地や帯生地を使ったがために
着物リメイクや帯リメイクが失敗した事例は枚挙にいとまがありません。
さて、今日は海外にお住いのご家族に送りたいという事で
製作させて頂いた帯リメイクのショルダーバッグをご紹介します。
blog_3.jpg
他の物をリメイクされた後の残布という事で生地は限られたのですが、
限られた生地を目一杯使う事でこのショルダーバッグで
帯の柄が活きるように製作させて頂きました。
2点目のショルダーバッグの帯も柄がとても素晴らしかったのでその柄を活かすように
あえて柄を2つに分けて表と裏で活きるようにデザインしました。
お客様に与えられた生地分量は1点目のショルダーバッグも2点目のショルダーバッグも
おおきな差異は無かったのですがそれぞれの「柄を活かす」という事を徹底的に考えました。
そして共に同じご予算の中で全く異なる形で製作させて頂きました。
blog_2.jpg 
帯リメイクの作りかたの最大のポイントは
「生地の状態を見極める/適性の判断をする」
これは帯に限らず着物のリメイクの基本の「き」だと思います。
この生地の検証が出来ないとすぐに擦れたり破けたりします。
帯の生地の状態の見極めはかなり難しいです。
私達は
「着物リメイク専門店」
として仕事をしています。
「着物リメイク専門店」
とはどういう事かと申し上げると、
リメイクする着物や帯の見極め、状態の把握を大変得意にしているという事です。
タンスの中の着物や帯は見た目が綺麗でも予想以上に劣化していることがあります。
普通の縫製職人さんがこの部分の見極めが出来ますか?
劣化している着物や帯でリメイクしても決して長く使用できません。
傷んでる着物や帯はそれに応じたリメイクが必要なのです。
blog_1.jpg
生地の適性を見極める事が出来れば今回当店が行ったように
柄をいかすリメイク(デザイン)を徹底的に考えると良いものが出来ると思います。
さて、リメイクをお考えの着物や帯があれば
「無料」で当店で回収させて頂きますので今すぐお申し込みください!
今すぐカナタツ商店にリメイク用の着物を見てもらう
古い着物からリメイクする場合は古い着物・帯は生地自体の劣化を感じることが多いです。
古い着物・帯、古布からのリメイクは縫製の技術もさることながら
生地をきちんと検証することが必要です。
私達カナタツ商店の強みは古い着物や帯に対する知識・経験です。
ご相談は今すぐ⇒096-285-6621まで
2013年1月19日
着物リメイクのお店カナタツ商店
=========================================
≪≪ 専門店の私たちが考える着物リメイク最大のポイント ≫≫
「その着物、リメイク前にきちんと生地を検証しましたか??」

多少の縫製の技術があれば専門店以外でも形にすることは出来るかもしれませんが、
長くご使用されるためには着物や帯の生地の検証が非常に重要です。
(タンスの中にしまいっぱなしの着物や
骨董市などで販売されている古い着物や帯には生地が弱くなっているものがあります)
長く使える着物リメイク商品を製作するためには必ずプロのアドバイスが必要です!
私達は古い着物/帯からのリメイクを専門に仕事をしています。
タンスの中に着物や帯が眠っている方はお気軽に今すぐご相談ください!

メールでのお問い合わせご注文はこちら
<2013年も44秒で分かる!!カナタツ商店の着物リメイクへの考え方♪>

何かお探しでしょうか