着物リフォームブログ@帯リメイクで作る小さなボストンバッグとハンドバッグ

JUGEMテーマ:着物リメイク/古布リフォーム/裂き織り
3月初のブログ…
来月からカナタツ商店立ち上げから4年目突入。
早いな…と思いつつ、この一日一日を大事にしないと、と思います。
月日の流れが早いな…と思ったのが
先週末、学生時代の先輩と同級生と呑みに行った話。
20年近くぶりの再会、久ぶりに会っても昔の関係性はそのままに
当時の事を懐かしく話したのですが
今、思い出すとアウトな無茶を若い時にはしていますよね。
大いに差支えがあるのでブログでは書けないですが
『若さ』の持つエネルギーと衝動は狂気ですよ。思い出すとゾッとします(笑)
けれども、それも含めて今までの経験が私を作っているし、
また、振り返ればあっという間の時間だからこそ、
今できる事を前を向いて取り組まないといけないとおもっています。
あっという間の時間の積み重ねが今だし、
あの時の自分から見れば今の私は未来の自分だし、
より良い未来を目指すなら今をよりよくしなくては…。
さぁ、仕事がんばるぞ。という事で今日は帯リメイクの
ボストンバッグとハンドバッグをご案内します。

blog_28.jpg
画像の商品はオーダー頂いたお客様のほぼオーダーの
少し小ぶりな帯リメイクボストンバッグです。
ポイントは帯幅で横幅を合わせて、
マチを大きくグルリとつけてボストンバッグの形にしたことです。
帯幅で記事を取ったことで余計な継がなくすっきりした仕上がりになったと思います。
blog_27.jpg
この帯リメイクハンドバッグは当店のオリジナルのデザインに
お客様のご希望のサイズアップを型紙上の無理がない程度に仕上げました。
帯リメイクでハンドバッグを作る時は帯幅までのサイズに寸法を収めることを
意識すると継がなくすっきりとリメイクする事が可能です。
帯の柄を縦に使えば縦長に、横に使えば横長に作ることが可能ですので、
縦か横の一片を約30センチ程度に収めておくことがポイントです。
(柄の入り方で縦だけという選択になることも少なくないですが…)
さて、着物リメイクをお考えの方にアドバイス!
着物や帯それぞれで制作の方法も異なりますので
一度お持ちのお着物や帯を見せていただければリメイクの助言をさせて頂きます。
>カナタツ商店に着物/帯を見せてアドバイスしてもらう<
私達カナタツ商店の強みは古い着物に対する知識です。
ご相談は今すぐ⇒096-285-6621まで
担当:小玉が電話の前でお待ちしています!!
2014年3月3日
着物リメイクのお店カナタツ商店


「その着物、リメイク前にきちんと生地を検証しましたか??」
多少の縫製の技術があれば専門店以外でも形にすることは出来るかもしれませんが、
長くご使用されるためには着物や帯の生地の検証が非常に重要です。
(タンスの中にしまいっぱなしの着物や
骨董市などで販売されている古い着物や帯には生地が弱くなっているものがあります)
長く使える着物リメイク商品を製作するためには必ずプロのアドバイスが必要です!
私達は古い着物/帯からのリメイクを専門に仕事をしています。
タンスの中に着物や帯が眠っている方はお気軽に今すぐご相談ください!

メールでのお問い合わせご注文はこちら
<44秒で分かる!!カナタツ商店の着物リメイクへの考え方♪>


何かお探しでしょうか