着物リフォームブログ@昨年は春から受注急増の実績有!着物リメイク日傘について

JUGEMテーマ:着物リメイク/古布リフォーム/裂き織り
現在携帯電話乗り換えのキャンペーンがすごいことになっていますね。
そのうち規制が入るだろうな…と思いつつガラケー愛好者の小玉は
そろそろスマホに…というスケベ心が頭をもたげます。
大手同士のガチンコ対決ですので新規の取り合いが熾烈を極めるのは判りますが、
5年、10年と浮気せずに同じ会社を使った人が
得するように注力してもらった方が…と思いませんか?
けど、×××円キャッシュバックは魅力だな(笑)
さて、今日は今後受注が急増する着物リメイク日傘に関して綴ります。
 
blog_34.jpg
今まで散々書いていることですが「着物リメイク日傘」は
リメイク用の着物を非常に選びます。
イメージして頂くと分かるように
日傘をピンと開いた時に生地には結構な張力がかかりますよね。
経年劣化した生地ですとこの張力にやがて耐えることが出来なくなりますし、
ちりめんや絞りなどの伸縮がある生地ですとだらしなく仕上がります。
このリメイク用着物生地選びというのは非常に重要です。
blog_35.jpg
この着物リメイク日傘ですが例年3月頃から受注が急増します。
現在当店では持ち手を3種類ほど用意していますが
昨年は一番人気の竹製が一時品薄になるほどでした。
注文入れるなら納品まで現在2か月弱ほどかかっていますし、消費税増税前の今ですよ!
タンスの中の着物を見直してみませんか?
さて、着物リメイクをお考えの方にアドバイス!
着物や帯それぞれで制作の方法も異なりますので
一度お持ちのお着物や帯を見せていただければリメイクの助言をさせて頂きます。
>カナタツ商店に着物/帯を見せてアドバイスしてもらう<
私達カナタツ商店の強みは古い着物に対する知識です。
ご相談は今すぐ⇒096-285-6621まで
担当:小玉が電話の前でお待ちしています!!
2014年3月10日
着物リメイクのお店カナタツ商店


「その着物、リメイク前にきちんと生地を検証しましたか??」
多少の縫製の技術があれば専門店以外でも形にすることは出来るかもしれませんが、
長くご使用されるためには着物や帯の生地の検証が非常に重要です。
(タンスの中にしまいっぱなしの着物や
骨董市などで販売されている古い着物や帯には生地が弱くなっているものがあります)
長く使える着物リメイク商品を製作するためには必ずプロのアドバイスが必要です!
私達は古い着物/帯からのリメイクを専門に仕事をしています。
タンスの中に着物や帯が眠っている方はお気軽に今すぐご相談ください!

メールでのお問い合わせご注文はこちら
<44秒で分かる!!カナタツ商店の着物リメイクへの考え方♪>



何かお探しでしょうか