着物リメイクブログ@帯リメイクボストンバッグ…カタログ風の写真

JUGEMテーマ:着物リメイク/古布リフォーム/裂き織り
週末は母の日でしたが皆様はどんな一日をお過ごしでしたか?
ウチの近所の花屋も大賑わい。
午後に覗いたらカーネーションの切り花は薄緑だけ…orz
カーネーションを買う気マンマンの子どもがバラに切り替えていました(笑)
誰もが普通に持ち合わせている親への感謝。
なかなか伝えることは難しいですが、
一年に一度こんな日があるのは有難いような気もします。
さて、今日は写真の撮り方を実験的に行った
帯リメイクのボストンバッグをご紹介いたします。
ボストンバッグ画像1.jpg
背景紙を使うだけで持っているカメラの性能が一気に上がった気がします(笑)
素材は帯。
リメイクしたのはボストンバッグです。
実に相性が良いリメイクだと思うのですが、
帯の生地の状況が非常に重要です。
帯は経年劣化が判り難いので生地の検証をしっかりする必要があります。
ボストンバッグ画像2.jpg
上の画像は逆側からの写真になります。
ポケットは両サイドに2つと
バッグの片面に大きく1つ。
そして、内ポケットがあります。
底板を入れて仕上げています。
箪笥の中に帯は眠っていませんか?
箪笥の中の帯でも上のような素敵なバッグに生まれ変わりますよ♪
 
さて、着物リメイクをお考えの方にアドバイス!

着物や帯それぞれで制作の方法も異なりますので
一度お持ちのお着物や帯を見せていただければリメイクの助言をさせて頂きます。
>カナタツ商店に着物/帯を見せてアドバイスしてもらう<
私達カナタツ商店の強みは古い着物に対する知識です。
ご相談は今すぐ⇒096-285-6621まで
担当:小玉が電話の前でお待ちしています!!
2014年5月12日
着物リメイクのお店カナタツ商店


「その着物、リメイク前にきちんと生地を検証しましたか??」
多少の縫製の技術があれば専門店以外でも形にすることは出来るかもしれませんが、
長くご使用されるためには着物や帯の生地の検証が非常に重要です。
(タンスの中にしまいっぱなしの着物や
骨董市などで販売されている古い着物や帯には生地が弱くなっているものがあります)
長く使える着物リメイク商品を製作するためには必ずプロのアドバイスが必要です!
私達は古い着物/帯からのリメイクを専門に仕事をしています。
タンスの中に着物や帯が眠っている方はお気軽に今すぐご相談ください!

メールでのお問い合わせご注文はこちら
<44秒で分かる!!カナタツ商店の着物リメイクへの考え方♪>

何かお探しでしょうか