「着物リメイク VS ファストファッション」論 | 着物リメイク達人への道

「着物リメイク VS ファストファッション」論

今日のブログでは「ファストファッションの対極にある着物リメイクの意義」という事に関して考えています。以前、トークイベントで質問をされた事を契機に自分なりに考えている事です。

折角の機会なので着物のリフォーマーという自分の業界から見る知的三角測量にトライしてみたいと思います。

「時間軸」「空間軸」を意識して私が社会人生活を送り始めた20年前を起点にモノの流通量を比較すれば着物は7分の1程度まで減少し、一方洋服は4倍になっています。
この違いは生活様式の変化だけでしょうか。
立ち遅れた呉服業界の構造的問題、アパレル業界ではファストファッションという新たな潮流は洋服の流通量を一気に増やしてこの20年で私達日本人のクローゼットの中から着物(呉服/帯)は目減りして、そのスペースをファストファッションが埋めたともいえるのです。

先人が着物に込めた想いや日本的様式美は失われ、洋服が急激に増えたことは「豊かさ」なのでしょうか。自分の知りうるささやかな歴史から覗き見る三角測量で行き過ぎた資本主義のアンバランスないびつさに気付く事が出来ます。
モノがあふれる事で巧妙にマスキングされながらゆっくりと富の二極化は進んでいます。
均一化も進んでいます。自分の視点を意識的に変えるだけで世の中の見え方は大きく変わる。

さて、そのような中で、生活様式の変化の中ですっかり着る事が無くなった着物や帯。
その着物と共にある想い出や想いに寄り添って形にしていく事が着物リメイクの意義なのだと思います。
例えば、嫁入りの際に両親が持たせてくれた。
成人式の時、おじいちゃんとおばあちゃんに買ってもらった。
お宮参りの時の写真がある。…etc

ファストファッションが『モノ』を充実されて、物質的な豊かさを一時的に与えてくれることに対して、
着物リメイクで私達が目指すのは『コト』の充実であり、精神的な豊かさを得る事が出来るのが私は着物リメイクの本質であり、また、私達の目指すところであります。

さて、人気のある着物・帯のオーダーバッグ(トートバッグや別注のハンドバッグ)に関して重要項目をまとめるページを作りました。
現在着物や帯のリメイクでバッグ制作を検討の方は参考になると思いますので是非ご覧ください
(以下の「着物」「帯」リメイクオーダーバッグの画像をクリック!)

当ブログなどで私達の着物リメイクに興味を持たれた方は是非一度リメイクをお考えのお着物や帯を見せて下さい。
【無料】でお着物や帯の回収を行っています。私達は現物を見ずに一般論以上の不確実な情報をお客様に出す事はありません。
現物を拝見しながらですと非常にスムースに打ち合わせが出来ます!


「着物リメイクの事聞きたいけど…」「料金は?」「納期は?」とご不明な点がある方はお気軽に以下のフォームよりお問い合わせ下さい。
通常でしたら12時間以内に返信させて頂いております。
メールでお問い合わせ

「着物リメイクの事を知りたいな…」という方や「おばあちゃんはパソコン無理だし…」という方、等々…
無料でカタログを送らせて頂いていますので以下のフォームよりお申込み下さい!
着物リメイクカタログ

何かお探しでしょうか