着物リメイクブログ@帯リメイクの作り方の注意点…ストラップ・ポーチ編

JUGEMテーマ:着物リメイク/古布リフォーム/裂き織り
あっと言う間に11月も中旬。
早くも年末だなと感じる出来事もボツボツです。
年賀状受け付け、忘年会のお誘い、年末年始の予定…
つい先日までクーラーをかけていたような。
1年が早いのは年を取った証拠でしょうか。
さて今日は帯のリメイクに関して実例をご紹介します。
blog_4.jpg
上の画像は帯からリメイクしたストラップ。
少ないハギレでも出来て帯も活かす事が出来る良い商品だと思います。
ネットショップ上ではラインナップされていないのでご希望の方はご相談ください。
続いて帯リメイクのポーチです。
blog_3.jpg
帯リメイクの作り方のポイントは帯の状態の検証を十分に行う事だと思います。
帯は生地が劣化していることが外見では判りにくい事があります。
この部分は経験が必要な部分ですが、
帯生地が著しく劣化しているものは少し軋むような感覚があります。
「私の帯でも出来ますか?」というお問合せが多いですが、
帯もそれぞれに柄の入り方などが大きく異なりますので、
現物を拝見した方が正確なお答えが出来ます。
リメイクをお考えの帯があれば「無料」で当店で回収させて頂きますのでお気軽にご相談ください。
さて、古い帯は着物以上に生地自体の劣化を感じることが多い素材です。
古い帯からのリメイクは縫製の技術もさることながら生地をきちんと検証することが必要です。
私達カナタツ商店の強みは古い帯に対する知識です。
ご相談は今すぐ⇒096-285-6621まで
2012年11月13日
着物リメイクのお店カナタツ商店
「その着物、リメイク前にきちんと生地を検証しましたか??」
多少の縫製の技術があれば専門店以外でも形にすることは出来るかもしれませんが、
長くご使用されるためには着物や帯の生地の検証が非常に重要です。
(タンスの中にしまいっぱなしの着物や
骨董市などで販売されている古い着物や帯には生地が弱くなっているものがあります)
長く使える着物リメイク商品を製作するためには必ずプロのアドバイスが必要です!
私達は古い着物/帯からのリメイクを専門に仕事をしています。
タンスの中に着物や帯が眠っている方はお気軽に今すぐご相談ください!

メールでのお問い合わせご注文はこちら
<44秒で分かる!!カナタツ商店の着物リメイクへの考え方♪>

何かお探しでしょうか