製作実例@お婆ちゃんの着物を愛着の品にリメイク!「財布」「ブックカバー」「ランチョンマット」編

JUGEMテーマ:着物リメイク/古布リフォーム/裂き織り
確定申告が終わっていないこともあり週末少し仕事をしようかな…。
と、仕事を持って帰ってきたのですがスイッチをオフにしてしまうとダメですね。
日曜日…午前中は買い物、お昼は食べ過ぎで、午後、雑用…orz
今日は残業してでも確定申告だけは終わらせなければ♪
 
さて、今日は先週土曜日に引き続いてお婆様からの
着物リメイクの製作実例をご案内したいと思います。
この案件に関してはリメイク前の着物の汚れ部分の写真を残して置けばよかった思う程、
着物リメイク専門店としてのテクニックを駆使した仕事です。
着物リメイクを主に扱っていない仕立て屋さんでは受付無かっただろうと思います。
blog_4.jpg
こちらは着物リメイクの長財布と小銭入れのセットです。
長財布の手前部分の細かい柄合わせとか伝わりますか?
こういうディテールにこだわるのがカナタツ気質です(笑)
blog_5.jpg
こちらはブックカバーです。
お客様のご要望で新書用と文庫用を製作しました。
オレンジの生地でブックカバーは試作品です。
ブックカバーはややイレギュラーなご注文ですので一度形を確認して製作に入りました。
変更するところもありこの試作品製作は自分たちの引き出しを増やすために大事な作業です。
blog_6.jpg
最後にご紹介するのは残布を無駄なく使って作ったコースターとランチョンマットのセットです。
サイズはお客様のご要望の通り取りました。
ランチョンマットの左右で生地が追加されていますが、
本当に文字通り無駄なく生地を使ったと思います。
残布の綺麗な部分はお返ししたかったのですがお返しするべき生地が無い位でした。
お婆様の生地を無駄なく新しい品物に作り変える事が出来てリメイク専門店冥利に尽きます。
この様にお客様のタンスの中のお着物もリメイク出来ます!
多少のシミや汚れなら上手く使って対応しますのでお気軽に096-285-6621までどうぞ!
2012年3月5日
着物リメイクのお店カナタツ商店

何かお探しでしょうか