着物リメイクブログ@留袖リメイクアロハシャツと浴衣リメイクエプロン

JUGEMテーマ:着物リメイク/古布リフォーム/裂き織り

今日は遂に…と言う感じで半年以上打ち合わせを重ねてきた商品の初出荷です。
この仕事は一緒に仕事をしている相手がある仕事なので詳細は綴れませんが
結構な時間いろいろな問題を乗り越えてこぎつけただけに感慨深いです。

そんな今日だからこそ私達カナタツ商店が立ち上がった
当時の着物リメイクを振り返りたいと思います。

まずは留袖リメイクのアロハシャツです…
BLOG_12.jpg 
私達には懐かしい留袖のアロハシャツです。
このアロハシャツ毎日のブログの一番下の
インタビュー(ユーチューブ)を受けたときに作っていた商品です。
この商品を作った時の事を思い出せばこの期間ってあっという間でした。

続いては浴衣リメイクのエプロンです。
BLOG_13.jpg
この浴衣リメイクエプロンは本当に立ち上げ当初の仕事で
今思えばお見積りを見誤りましたね…(笑)
独立したての当時は自分たちの力量に対する評価がぶれていたように思います。

仕事として毎日積み重ねお客様や先輩方にご指導いただきながら
少しずつの牛歩の歩みで私達もこの4月で3年目に突入します。

独立当時の仕事を見直して思う事は
「お客様に喜んで頂こう」という姿勢だけは一つもぶれていないです。
そしてモノを作る人間としてそろばん勘定以前に
納得できるものを提供しようという気持ちも何も変わっていません。

独立してよかったと思う事は仕事に対しての真摯さを
根っこの部分から得ているという事かもしれません。
人生の大部分を注ぐ仕事ならば生活の為に惰性でするよりも
心底打ち込みたいしその社会とのかかわりで誰かに喜んで頂きたい。
深夜に突入してボンヤリする頭でもやはりそう思うのです。

さて、リメイクをお考えの着物や帯があれば
「無料」で当店で回収させて頂きますので今すぐお申し込みください!
今すぐカナタツ商店にリメイク用の着物を見てもらう

古い着物からリメイクする場合は古い着物・帯は生地自体の劣化を感じることが多いです。
古い着物・帯、古布からのリメイクは縫製の技術もさることながら
生地をきちんと検証することが必要です。

私達カナタツ商店の強みは古い着物や帯に対する知識・経験です。
ご相談は今すぐ⇒096-285-6621まで

2013年2月23日
着物リメイクのお店カナタツ商店

=========================================
≪≪ 専門店の私たちが考える着物リメイク最大のポイント ≫≫
「その着物、リメイク前にきちんと生地を検証しましたか??」

多少の縫製の技術があれば専門店以外でも形にすることは出来るかもしれませんが、
長くご使用されるためには着物や帯の生地の検証が非常に重要です。
(タンスの中にしまいっぱなしの着物や
骨董市などで販売されている古い着物や帯には生地が弱くなっているものがあります)
長く使える着物リメイク商品を製作するためには必ずプロのアドバイスが必要です!

私達は古い着物/帯からのリメイクを専門に仕事をしています。
タンスの中に着物や帯が眠っている方はお気軽に今すぐご相談ください!

メールでのお問い合わせご注文はこちら

<2013年も44秒で分かる!!カナタツ商店の着物リメイクへの考え方♪>

何かお探しでしょうか