着物リメイクブログ@帯リメイク…ストラップやキーホルダーを作る事も出来ます。

JUGEMテーマ:着物リメイク/古布リフォーム/裂き織り
昨日は休日という事であるバッグを
「ショッピングモール」「百貨店」「専門店」に観に行きました。
無難な量販品を扱い価格的には手ごろ感のあるショッピングモール。
オリジナルデザインを数多く揃えオシャレながら割高な百貨店。
そして面白かったのが専門店で
デザインは1パターンで生地の違いで大きく値段が異なる専門店。
同じ商品を扱っても店舗の形態ごとに見事に差が出ますね。
さて今日は帯リメイクのストラップやキーホルダーに関してご紹介します。
おそらく過去一度も当ブログに登場していないはずですが
ご要望があれば今日ご紹介するような帯や着物のリメイクも可能です。
blog_3.jpg
まずは帯をリメイクして製作したストラップです。
僅かなハギレで製作可能です。
私達もご要望が無ければ製作しない商品ですが結構気に入っています(笑)
blog_4.jpg
続いてご紹介するのはキーホルダーです。
帯や着物のリメイクでストラップもキーホルダーも作り方は大差がありません。
横幅/縦幅も比較的柔軟に対応は出来ると思います。
当店に新しい引き出しを増やして下さったお客様のご相談には感謝です。
ハギレも無駄無く使わせて頂けるのは着物リメイク屋冥利に尽きます。
リメイクをお考えの着物や帯があれば
「無料」で当店で回収させて頂きますのでお気軽にご相談下さい。
今すぐカナタツ商店にリメイク用の着物を見てもらう
古い着物からリメイクする場合は古い着物・帯は生地自体の劣化を感じることが多いです。
古い着物・帯、古布からのリメイクは縫製の技術もさることながら
生地をきちんと検証することが必要です。
私達カナタツ商店の強みは古い着物や帯に対する知識・経験です。
ご相談は今すぐ⇒096-285-6621まで
2012年10月29日
着物リメイクのお店カナタツ商店
≪≪ 専門店の私たちが考える着物リメイク最大のポイント ≫≫

「その着物、リメイク前にきちんと生地を検証しましたか??」
多少の縫製の技術があれば専門店以外でも形にすることは出来るかもしれませんが、
長くご使用されるためには着物や帯の生地の検証が非常に重要です。
(タンスの中にしまいっぱなしの着物や
骨董市などで販売されている古い着物や帯には生地が弱くなっているものがあります)
長く使える着物リメイク商品を製作するためには必ずプロのアドバイスが必要です!
私達は古い着物/帯からのリメイクを専門に仕事をしています。
タンスの中に着物や帯が眠っている方はお気軽に今すぐご相談ください!

メールでのお問い合わせご注文はこちら
<44秒で分かる!!カナタツ商店の着物リメイクへの考え方♪>

何かお探しでしょうか